12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヨーロッパでの経験がワールドカップで日本の優位性を高める

公開日: かわった:

ドーハ (AFP) – 日本が 1998 年にワールドカップでデビューしたとき、チームにはヨーロッパを拠点とする選手はいませんでした。 今では、国内の J リーグよりもドイツのクラブだけに存在感を増しています。

日本は水曜日にドーハでドイツとの 7 回目のワールドカップ キャンペーンを開始します。期待はかつてないほど高まっています。

Blue Samurai は、過去 24 年間でトーナメントの新参者から白髪のベテランへと成長しました。これはヨーロッパのクラブからの才能の流入のおかげでもあります。

カタールワールドカップの日本代表メンバーは、Jリーグからわずか7人。 その中には、長友佑都がインテル・ミラノ、ガラタサライ、マルセイユでプレーした後、11年間のヨーロッパでの任務から帰国し、酒井宏樹もドイツとフランスでプレーした.

森保一監督率いる残りのチームは西ヨーロッパでプレーしており、長友は彼らが得た経験が日本の大義に役立つだけだと信じている。

「外国のクラブに所属している選手がたくさんいる」と、36歳の彼は、ワールドカップ日本代表の4チームに出場した最初の外野手であると語った.

「チャンピオンズ リーグやバイエルン ミュンヘンのような強いチームと対戦している選手がいます。以前と比較すると、今はよりしっかりしていると感じています。」

日本にはヨーロッパのクラブでプレーした経験のある選手がいますが、それほど多くはありません。

夏にブライトンに加入して以来、日本のウィンガー三苫薫は感銘を受けている グリン・カーク AFP

今年のチームには、ドイツから 8 名、フランスから 3 名、スペイン、イングランド、ベルギーから各 2 名、ポルトガルとスコットランドから各 1 名が含まれています。

これは、セルティック デュオの古橋京子と畑立亮が選出を逃した現在の強さの深さです。

長友は、ヨーロッパでプレーすることで、日本の若い世代が年齢を超えて成熟したと考えている.

「初めてのワールドカップでプレーしたとき、自分のことしか考えていなかった。

「初めてのワールドカップにもかかわらず、多くの選手がチーム全体のことを考えているように感じます。」

新しい世代

日本はこのワールドカップに新しい顔ぶれで参加し、19 人の選手がトーナメントに初出場します。

本田圭佑、香川真司、岡崎慎司、長谷部誠といった過去3回のワールドカップでチームの中核を担った世代は、ほとんど放牧されている。

ゴールキーパーの川島英治は、今回はバックアップとしてとはいえ、4回目のワールドカップに向けてまだ活躍しています。

彼は、日本が「これまでのワールドカップとは異なる何かを示す」ことができると信じています.

「2010年にヨーロッパでプレーした選手は4人だったと思う。それが今日のヨーロッパでプレーする基準だ」と39歳の彼は語った。

「私たちはチャンピオンズリーグを知っており、アーセナル、プレミアリーグ、ブンデスリーガなどのビッグクラブでプレーしている選手もいます。

「この経験は、代表チームにとってより多くの経験を与えてくれるので、私たちにとって非常に良いことだと思います。」

日本は今シーズンのチャンピオンズ リーグのグループ ステージに 6 人の選手を擁し、鎌田大地は昨シーズンのヨーロッパ リーグでアイントラハト フランクフルトで優勝しました。

クリスティーナ・クイグラー AFP

富安健大はアーセナルでプレーを続け、三苫薫は夏にブライトンに加入して名声を博している。

2011年から2018年の間にインテルで170試合に出場した長友は、選手たちの頭の中の戦いがカタールで勝つと信じている。

「ワールドカップでは、戦術がどれだけ優れているか、技術がいかに優れているかは関係ありません。本当に重要なのは考え方です」と彼は言いました。

「正しい考え方がなければ、戦術や技術は何の意味もありません。

それが過去3試合から学んだことだ」

READ  寿司、パシフィックロブスターチーズバーガー:日本食は大統領に似合う| 日本