2月 23, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ユーロ圏は今年初めに景気後退に陥った

ユーロ圏は今年初めに景気後退に陥った

頑固な高インフレにより大陸中の多くの消費者が生活費の危機に陥り、この期間中支出を大幅に削減することになった。 ユーロ圏の支出は、前四半期に1%減少した後、今年最初の3カ月間は0.3%減少した。 商品やサービスの需要が縮小したため、輸入も大幅に減少した。

パンデミックによるロックダウン中に増加した公的支出も大幅な減少を記録し、第1・四半期は前年比1.6%縮小した。

この景気低迷は、ユーロ圏最大の経済国であるドイツの景気低迷を反映しており、同国は先月、今年最初の3カ月の統計で同国経済がエネルギー価格ショックのさなか景気後退に陥っていることが示されたと報告した。

しかし、木曜日の報告書では、スペイン、イタリア、ポルトガルを含む南ヨーロッパ経済が高い成長率を記録する一方、ドイツとオランダは縮小し、フランスは緩やかな成長にとどまるなど、地域全体でまちまちの状況が示された。

春以降、欧州のマクロ経済ペースは若干加速しており、欧州委員会は成長予測を引き上げ、今年は1.1%、2024年には1.6%の成長を予想している。

パンテオン・マクロエコノミクスの首席ユーロ圏エコノミスト、クラウス・ヴェステセン氏はリポートで「今後を展望すると、インフレの緩和に伴い個人消費は若干上向いていると考えており、政府支出も上向くと考えている」と述べた。 「しかし、この統合は、投資の継続的な減少と、信用基準の厳格化を反映した在庫のさらなる減少によって相殺される可能性が高い。」

政府は、ロシアのウクライナ戦争で悪化したエネルギーや食料費の高騰から家計や企業を守るため、冬の間贅沢な支出をし、不況を回避したいと考えていた。 ヨーロッパ全土で各国が急速にエネルギーを備蓄し、温暖な冬と大規模な保全努力が相まって最悪の事態は回避された。

この戦略はエネルギー価格の低下に貢献し、ユーロ圏最大の経済国のインフレ率は記録的な水準から低下した。 5月の年率インフレ率は6.1%で、ユーロ圏ではここ1年以上で最低の水準となった。

しかし、食料品やさまざまなサービスの価格は不快なペースで上昇し続けており、欧州中央銀行が今後の会合で利上げを継続する可能性が高まっている。 国際通貨基金は、欧州の政策立案者にとって今年の主な課題は、深刻な景気後退を引き起こすことなくインフレを抑制することになると警告した。

アナリストらは、減速は緩やかでパンデミックからの経済回復に影響を与える可能性は低いとしながらも、成長は年内は引き続き抑制されると指摘した。

ING銀行は顧客向けメモで「これが景気後退環境であると主張するのは難しい」と述べた。 「経済の停滞は、最近のパンデミック後の好景気からの明確な決別を示している。」

次回の欧州中央銀行金融政策会合は来週木曜日に開催される。

READ  住宅ローンの不良債権が米国最大手銀行の準備金を超える