5月 18, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

モルディブ:中国が足場を築く中、インド軍が国外へ撤退

モルディブ:中国が足場を築く中、インド軍が国外へ撤退

  • アンバラサン・エティラジャン著
  • BBCのニュース

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

モルディブのモハメド・モイゾ大統領は、多大な努力を払ったインドアウト運動の末に権力の座に就いた

インドはモルディブが中国に近づく中、日曜に第一陣の軍人をモルディブから撤退させる予定だ。

約80人のインド兵士の段階的な撤退は、親中派と広く見られているモハメド・モイソ大統領が5月に設定した期限までに間に合わせる必要がある。

インドは、救助・偵察ヘリコプター2機と数年前に寄贈した小型航空機1機の維持・運用のため、軍人がモルディブに駐留していると発表した。 インド軍の撤退は、11月に政権を握ったモイソ氏が選挙で公約したものだった。

インドは長年モルディブに対する影響力を享受しており、その裏庭という戦略的な位置によりインド洋の重要な部分を監視することが可能となった。 しかし、モイソ氏のデリーに対する強い発言もあり、両国関係はここ数カ月で悪化した。 アジアの大国がこの地域での影響力を求めてしのぎを削る中、中国はこの隙を突こうとしている。

それでも、デリーとマレ(モルディブの首都)は、インドの民間技術乗組員が軍の代わりに航空機を運用することに合意することができ、最初のチームはすでに島に到着している。

「航空機はモルディブとインドに留まる」 [civilian] 今後もスタッフが常駐しメンテナンスを行ってまいります。 元インド外相のシャム・サラン氏は「双方とも妥協点に達したようだ」と語る。

モルディブの一部の人たちは、軍隊と民間人の交代は、「インドアウト」キャンペーン後のモイゾ氏の一歩後退とみている。

ムイズ氏の事務所はコメントの要請に応じなかった。

写真にコメントして、

モイゾ氏は1月に国賓として中国を訪れていた

一部のアナリストは、モルディブは人口わずか50万人強の国だが、アジアの勢力競争に陥る危険があると警告している。

中国は長年にわたってモルディブに10億ドル以上を融資しており、そのほとんどがインフラ整備と経済発展の資金調達に充てられている。

モイソ氏が1月に中国を国賓訪問した際、中国とマリは関係を包括的戦略的パートナーシップに格上げしたが、これまでのモルディブ指導者とは異なり、まだインドを訪問していない。

今週初め、モルディブ政府は中国との「軍事援助」協定に署名し、デリーでは若干の懸念が生じた。

モルディブ国防省は、合意は「無料」(支払いなし)であると述べたが、さらなる詳細は明らかにしなかった。 しかし、モイソ氏は火曜日の公開会議での演説で、中国はモルディブ治安部隊を訓練するだけでなく、非致死性の武器を無償で提供すると述べた(インドと米国の両国はこれまでモルディブ軍を訓練している)。

モルディブの政治アナリスト、アジム・ザヒル氏はBBCに対し、「これは前例のないことだ。モルディブが軍事支援を提供するために中国政府と防衛協定に署名したのは初めてだ」と語った。

同氏は「ムエゾ氏が投資や資本の面で中国と緊密な関係を築くことは分かっていたが、ここまでするとは誰も予想していなかった」と述べた。

しかし中国政府は、モルディブにおける長期的な軍事計画の存在を否定している。

シンクタンク成都世界問題研究所所長の龍星春博士は、「両国間の関係は自然なことだ。中国がインド洋で軍事的プレゼンスを持ちたいなら、もっと良い選択肢があるかもしれない」と語る。モルディブよりもね。」

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、

モルディブは基礎食料品、医薬品、建設資材の輸入をインドに依存している

中国政府の保証にもかかわらず、イブラヒム・モハメド・ソーリフ大統領率いる前政権は「インド第一」のアプローチをとっていたため、多くの人は中国がこの機会を利用しようと迅速に動いていると信じている。

ムウィゾ氏は選挙活動中、マリとデリーの合意の詳細を明らかにしなかったとして前政権を非難した。 彼は現在、同様の批判に直面している。

ザヒル氏は「同氏が北京訪問中に署名した合意のほとんどについては詳細を把握していない。こうした合意の詳細を明らかにするという点では、ムウィゾ氏も前政権に劣らない」と述べた。

モイゾウ政権は先月、デリーの反対にもかかわらず、中国調査船「襄陽紅3号」のマリ入港を許可した。 メイリー氏は、これは「人員のローテーションと補充」のための寄港だと主張した。

しかし、これは中国軍が後に潜水艦作戦に使用する可能性のあるデータ収集にとって重要になるのではないかと懸念する一部のインド専門家らを納得させなかった。

関係の緊張が続く中、デリーはモルディブに近いインド諸島ラクシャディープ諸島に新たな海軍基地を設立するよう命令した。

インド海軍は、ミニコイ島に駐屯するINSジャターユが「西アラビア海における海賊対処および麻薬対策作戦」への取り組みを強化すると発表した。

これをマリへのメッセージと捉える人もいるが、インドの専門家らは、この動きは現在の緊張への対応ではないと指摘する。

「これは新しいことではないと思います。私の知る限り、これはかなり前から進められてきました」と元インド外交官のサラン氏は語った。

モイソ氏の反インド運動もまた、同国の多くの人々を驚かせた。 モルディブは基礎的な食料品、医薬品、建設資材の輸入をインドに依存している。 新型コロナウイルスのパンデミック後、インドはモルディブに最も多くの観光客を送り込んでいる。

しかし、一部の当局者がナレンドラ・モディ首相について物議を醸すコメントをしたことを受け、インド人がソーシャルメディアでモルディブへの「ボイコット」を呼びかける最近の論争の後、状況は変わった。

モイズ氏が北京滞在中に論争が勃発し、パンデミック前に中国が保持していたトップの座を取り戻すために、より多くの観光客の派遣を開始するよう中国当局に求めた。

それ以来、中国人観光客が多く訪れるようになった。 観光省のデータによると、今年の最初の2か月間でモルディブを訪れた約40万人の観光客のうち、13%が中国からの観光客だった。 インドは5位に後退した。

4月21日に予定されている議会選挙が近づくにつれ、ムウィゾ氏は下院で過半数の獲得を目指しており、発言が激化すると予想する向きもある。

BBC のインドの記事をもっと読む:

READ  アイスランドで火山が噴火、溶岩が国の主要空港近くの町に向かって噴出