6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メロ・イエローがもっと長い名前で日本に帰ってくる、おそらく人々はそれが何なのか知らないでしょう – SoraNews24 -日本のニュース-

メロ・イエローがもっと長い名前で日本に帰ってくる、おそらく人々はそれが何なのか知らないでしょう – SoraNews24 -日本のニュース-

柑橘類の清涼飲料が日本で再び挑戦

日本の飲料界では、 まろやかな黄色 未確認生物の一種です。 聞いたことがある人は少ないし、知っている人でも見たことがある人はさらに少ない飲み物です。 日本には1980年代に初めて上陸し、断続的に提供されていたものの長く定着することはなく、2021年以降は日本市場から完全に姿を消している。

しかし今、ローソンがメロイエローを日本に持ち帰り、日本でもシトラスソーダを知るチャンスが到来した。

一方、ローソンとしても、メロイエローの日本国内での知名度が低いことは十分承知しているようだ。 「あのメロイエロードリンクが戻ってきたのか!?」 それが何かは分かりませんが、試してみてください! 添付のプレスリリースでは、メロイエローが初めて日本に上陸したときの公式スローガンが「言葉では言い表すのが難しい味」だったことを思い出し、チェーンの既存顧客の多くがメロイエローの復活に共感できることを認めている。 の行 「それが最初に登場したのは1980年代ですか?私はその頃は生まれていないので、それが何であるか知りません。

メロイエローは本国アメリカでも、日本ではあまり人気のないマウンテンデューのパクリだと思われている人も多いようです。 サンリオマウンテンデュー大浴場にもかかわらず)。 しかし、メロイエローは日本にもファンがいないわけではなく、2006年にインターネットポータルサイト「gooランキング」の「もう一度飲みたい廃盤ソフトドリンク」のアンケートで第1位を獲得した。 また、ブランドマネージャーもメロウイエローの魅力を感じているようです。 いくつかのより人気のあるブランドに便乗することで販売の可能性が高まるため、正式にはコカ・コーラ ファンタ シトラス メロ イエローと呼ばれています。

「コカ・コーラ ファンタ シトラスメロイエロー」162円(1.05米ドル)はローソン限定で発売中。 日本の清涼飲料業界の競争の激しさを考えると、同チェーンはこれが期間限定のリリースであることについては明言していないが、すぐにボトルを手に入れるのは得策だろう。

ソース: ローソンクーランキング
画像:ローソン
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローして そして ツイッター

READ  スイッチ:日本のゲームメーカーの任天堂は、チップ不足の迅速な解決策を見つけていません