2月 26, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メトロノース・ハドソンは月曜日、土砂崩れが解消され「ほぼ通常通り」動いている

メトロノース・ハドソンは月曜日、土砂崩れが解消され「ほぼ通常通り」動いている


1 分で読めます

乗組員は日曜、ハドソン川沿いの線路から木、枝、土、石などの瓦礫を取り除くことに成功し、週末の土砂崩れで運行が停止されたアムトラックとメトロノースの列車が月曜日に運行を再開できるようになった。

首都圏交通局によると、土砂崩れは土曜午前9時45分ごろ発生し、ニューヨーク州ブライアクリフマナーのスカボロー駅近くのメトロノース鉄道4路線がすべて閉鎖された。

日曜日遅く、首都圏交通局は、それでも、滑り込みの影響を受けた4本の線路のうち2本は撤去されており、週初めにはハドソン線の交通量は「ほぼ通常通り」になると予想していると発表した。

月曜日にはそれが事実であるようで、当局は4列車を除くすべての列車が通常通り運行すると報告した。 MTA広報担当のジョアンナ・フローレス氏は、予定されていた158便のうち午前2便と午後2便がキャンセルされたと述べた。

MTAによると、リバースピークサービスはフィリップスマナー駅とスカボロー駅を迂回しているという。 彼女は旅行者に対し、同局のTrainTimeアプリをチェックして最新情報を確認するようアドバイスした。

乗組員は日曜一日中、線路の修理や瓦礫の撤去に従事していた。

アルバニーとニューヨーク市の間のアムトラックのサービスは、乗務員が作業を続けている間、停止されています。 日曜日には多くの列車が定員を限定して運行された。

MTA広報担当のアーロン・ドノバン氏によると、アムトラックは代替手段として地下鉄タリータウン・ノース駅とクロトン・ハーモン駅間のバスサービスを提供したとのこと。 同氏は、2つの駅間の乗客の輸送には異なるバス会社が利用されていると述べた。

もっと: 土砂崩れの原因は何でしょうか?

列車はポキプシーとクロトンハーモンの間、およびタリータウンとグランドセントラル駅の間の封鎖地域の南北を走行し続けた。

清掃活動に出動したアーチビル消防署のピーター・ウェスト署長によると、土砂崩れはサウス・カントリー・クラブ・レーンの家の裏手にある擁壁を突き破り、線路まで広がったという。

擁壁が崩壊したとき、家の裏庭の大部分が滑り落ちた。 中庭の他の部分でも大きな亀裂が見られ、石造りのパティオを突き破り、屋内プールに危険なほど近づいていた。

スタッフライターの Kyle Morrell がこの記事に寄稿しました。

READ  スターライト、スターブライト:コカ・コーラは、宇宙に触発された初めてのフレーバーを提供します