5月 28, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ムンバイで暴風雨で看板が倒壊、4人死亡

ムンバイで暴風雨で看板が倒壊、4人死亡

プラシャント・ワイダンデ – ロイター

2024年5月13日、インドのムンバイで、風と砂嵐の後に看板がガソリンスタンドに落下した。

インドの金融首都ムンバイで月曜、暴風雨で巨大な看板が落下し、少なくとも4人が死亡、61人が負傷、40人以上が閉じ込められた恐れがあると地元当局者が発表した。

暴風雨は強風を伴ったため、ガートコパール東郊外の交通量の多い道路の隣にあった看板がいくつかの家々やガソリンポンプの上に倒壊した。

看板の下敷きになった人々の救出作業​​は現在も続いている。 ムンバイ市を運営する市民団体であるブリハンムンバイ市公社は、消防、警察、災害対応当局、その他の当局がすべて救助活動に関わっているとXで述べた。

ニュースチャンネルやソーシャルメディアの投稿では、そびえ立つ看板がしばらく風になびき、その後崩れて地面に激突する様子が映っていた。

ストリンガー/ロイター

2024年5月13日、インドのムンバイで、暴風雨の中、倒れた看板で押しつぶされた車両の横に立つ消防士たち。

地元気象局は、月曜日にはムンバイ地域の一部で時速40~50キロメートル(時速25~30マイル)の強風を伴う中程度の雨が降る可能性があると予想している。

ロイター通信が少数株主である通信社ANIの報道によると、ムンバイ空港で一時的な運航停止が発生し、15便が目的地変更され、運航が1時間強停止された。

ムンバイは、インドの多くの都市と同様、毎年 6 月から 9 月まで続くモンスーンの季節に、深刻な洪水や雨に関連した事故にさらされています。

READ  スイスの銀行家は、プーチンの友人に関連する数百万ドルを使い果たしたと非難された