8月 16, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ミスヌマは日本の蝶の魔法を作成します

2022年FINA世界水泳選手権

今夜日本は歴史を作った なぼぎみすぬま 男子100mバタフライ大会に出場。

25歳のミスヌマは50.94分で時計を止めて銀メダルを獲得した。 クリストフ・ミラック ハンガリー(50.14)と今夜の銅メダリスト Josh Leando カナダ(50.97)。 そうすることで、ミスヌマは世界選手権でのこの1flyイベントで日本初のメダリストになりました。

今年初めに51秒で日本初の水泳選手となったミスヌマは、達成後、「レース前は少し緊張していましたが、メダルを獲得できてとても嬉しいです。 ここ。

ミスヌマはもう先を見据えて、「早く泳ぎたかった。次は福岡、金メダルを狙う」と語った。
そちら側。 “

レースの準決勝では、ミスヌマは少し速く進み、昨夜50.81の新記録を樹立しました。 彼は以前、男子50mバタフライに出場していましたが、ヒートアウトで20位(23.60)でフィニッシュしました。

多くのオリンピックメダルが今夜中国に波を起こしました 張雨霏この24歳の選手は、50メートル(25.32)で銅メダルを獲得し、100メートルと200メートルのフライイベントですでに収集されている同じ色のメダルを2つ追加しました。

3つの銅メダルすべてを獲得した張は、同じ世界選手権の3つのバタフライイベントすべてでメダルを獲得した2番目の水泳選手になりました。 チェ・ラースロー ハンガリーは2015年に同様の偉業を果たしました。

ついに、 唐銭丁 彼女は30.10で女性の50m平泳ぎで中国とアジアの新記録を樹立し、明日の夜に決勝に進んだ。

7日目までの全国的な成果

  • 韓国:男子4×100フリーリレー-3:15.68; ファン・スンウー、男性は200m無料-1:44.47; 男子4×200フリーリレー-7:06.93; ジ・ユちゃん、メンズ50mフリースタイル-22.03
  • マレーシア:Qiu Ho Yen、男子400mフリースタイル-3:48.72
  • キルギスタン:デニス・ペトラショフ、男子50m平泳ぎ-27.89
  • 中国:Tang Qianding、女性の50m平泳ぎ-30.10(アジア記録); ボンジョンリー男子100mフリースタイル-47.65; 張雨霏女性用50mバタフライ-25.32
  • シンガポール:カーンシンハイウェイ、女子1500mフリースタイル-16:32.43
  • 日本: なぼぎみすぬま男子100mバタフライ-50.81

7日目アジア水泳メダルスケジュール

金曜日 ブロンズ 合計
中国 1 4 5
日本 2 2 4
韓国 1 1

READ  KKRがOrixから日本のソフトウェア開発者を買収