4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ミシガン州のウェイトレスが、32.43ドル札で1万ドルという驚異的なチップを受け取り、それを同僚と山分けしたため解雇された。

ミシガン州のウェイトレスが、32.43ドル札で1万ドルという驚異的なチップを受け取り、それを同僚と山分けしたため解雇された。

  • リンジー・ボイドさんは、受け取った1万ドルのチップを他の8人の同僚に惜しみなく分け与えたにもかかわらず、ミシガン州南部のメイソンジャー・カフェから解雇された。
  • レストラン側は解雇はチップとは関係のない「経営上の決定」だったと述べた
  • その後、ボイドさんは自身の体験に関する投稿を削除し、フェイスブックページを完全に閉鎖した。

ミシガン州のウェイトレスが、32.43ドルの請求書で衝撃的な1万ドルのチップを受け取ったために解雇されたが、レストランは解雇は寛大なチップとは関係のない「経営上の決定」であると主張した。

この驚くべき情報を受け取ったミシガン州の母親リンジー・ボイドさんは、他の8人の同僚と気前よくお金を分け合っていたにもかかわらず、ベントンハーバーのメイソンジャーカフェから解雇された。

ボイド氏は、現在は削除されているフェイスブックの投稿で、匿名の顧客が最近亡くなった友人に敬意を表して1万ドルのチップを残した後にこのドラマが起きたと述べた。

デトロイト・フリー・プレスによると、ダークスーツを着た中年男性は匿名を希望しなかったが、葬儀のために街を訪れており、多額の報酬で歓声を広めるつもりだったと述べた。

「私は彼を抱きしめただけです。 その時は彼の名前さえ知らなかったのですが、私は彼を抱きしめました。 「その後、彼は私に、とても大切な人への記念品を彼女に残したので、彼女の名において何か素敵で寛大な事をしたいと言いました」とボイドさんは語った。 WSBT

ミシガン州のウェイトレス、リンジー・ボイドさんは、32.43ドルの請求書で衝撃的な1万ドルのチップを受け取ったために解雇されたが、レストランは解雇は寛大なチップとは無関係の「経営上の決定」であると主張した。
情報を残した中年男性は匿名を希望したが、葬儀のために街に来ており、多額の報酬で元気を広めるつもりだったと語った。
レストランオーナーのアップル・マルティネス氏とジェイミー・カズンズ氏(写真)は、ボイド氏の解雇について共有できることは「労働法」によって制限されていると述べた
驚くべきアドバイスを受けたミシガン州の母親ボイドさんは、他の8人の同僚に気前よくお金を分け与えたにもかかわらず、ベントンハーバーのメイソンジャーカフェから解雇された。

ボイドさんがこの膨大な情報から生じた「すべてのドラマ、敵意、そして傷」のせいで職を失ったとバイラルな投稿で明らかにしたように、明るい話であるはずだった事態はマイナスの方向へ変わった。

レストランオーナーのアップル・マルティネス氏とジェイミー・カズンズ氏は、「労働法」により共有できる内容が制限されていると述べたが、ボイド氏の解雇は1万ドルのチップとは何の関係もないと主張した。

「労働法と関係する従業員を保護するため、彼女の失業の内容についてはコメントできない」と夫妻はフェイスブックへの投稿で述べた。

「しかし、それはチップとは何の関係もないと言っておきます。」 彼女はチップを全額受け取り、それに対する税金を(会社が払ったように)支払わなかった。 はい、彼女は別れた男の要求に応じてチップを共有しました。

しかしボイドさんは、チップをめぐってレストラン内で「ドラマ」が展開している間、メンタルヘルスの日を取るよう求められたと、自分の側の話を提供した。

「ドラマが続き、状況を沈静させて噂を解決しようとしたところ、事態はさらに悪化した」と彼女は書いた。

彼女は何が起こったのかは明らかにしなかったが、その後投稿を削除し、Facebookページを完全に閉鎖した。 しかし、その日仕事をしていない従業員がチップを分け与えることを期待していたのではないかという噂が広まった。

ある投稿には、「1万ドルのチップを支払った日に仕事をしていなかった従業員はチップを削減し、非常に刺激的な職場環境を作り出すことが期待されている」と書かれていた。

ボイドさんがこの膨大な情報から生じた「すべてのドラマ、敵意、そして傷」のせいで職を失ったとバイラルな投稿で明らかにしたように、明るい話であるはずだった事態はマイナスの方向へ変わった。
レストランオーナーのアップル・マルティネス氏とジェイミー・カズンズ氏は、「労働法」により共有できる内容が制限されていると述べたが、ボイド氏の解雇は1万ドルのチップとは何の関係もないと主張した。
ボイドさんは、この情報をめぐってレストラン内で「ドラマ」が展開している間、メンタルヘルスのための休暇をとるように求められたと、自分の側の話を提供した。

ボイドさんによると、経営陣は彼女に「事態が落ち着くまで」もう1日休むよう求めたが、「職務上、復帰しないように」と言われたかどうかを尋ねるテキストメッセージには返答しなかったという。

ボイドさんは火曜日、電話で解雇されたが、職がないことに気づいたのは15歳の時以来初めてだった。

絶望的なウェイトレスが自分の経験を共有すると、ソーシャルメディアユーザーは激怒し、レストランのページやGoogleマップに否定的なコメントを残した。

怒ったユーザーはボイド氏の投稿のスクリーンショットを共有し、「これは私たちのコミュニティの目的ではない」と書いた。 リンジーさんはダンプカー運転手の希望を尊重し、多くの人が内緒にしていたであろうこの親切な行為を分かち合った。

「私は彼女と個人的に仕事をしたことがありますが、彼女は私がこれまで会った中で最も親切で寛大な人間の一人です」と彼らは続けた。

「あなたも恥ずべきですし、仕事をしていないのに給料が出ないと不平を言った従業員全員も恥ずべきです。」 どこまで利己的ですか? これが正しく行われることを願っています。

その後、レストランのオーナーらはボイドさんの主張に反論したが、彼女が解雇された理由については詳細には触れなかった。

「チップのせいで彼女を手放さなければならなかったことがたくさんあるのは分かっているが、それは理にかなっていない」とカズンズさんは語った。 木製テレビ

「当社には何年も働いているスタッフや、毎年夏に戻ってくる大学生がおり、従業員には次から次へと機会を与えています。ですから当然、理由もなく辞めさせるつもりはありません。」

オーナーらはソーシャルメディアに、これは純粋にビジネス上の決定であると書き、そのような決定は「軽々しく、性急に下されたものではない」と強調した。

「私たちは大学の基金に寄付しており、コロナ禍でも彼らの雇用を維持し、スタッフを失わないよう全力を尽くしています」とオーナーらは書いている。

READ  トレーダーがより高い金利の見通しを熟考しているため、株式先物はあまり変化していません