2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マースク、紅海の迂回を「予見可能な将来」まで拡大

マースク、紅海の迂回を「予見可能な将来」まで拡大

2023年12月21日木曜日、エジプト・スエズのスエズ運河を出航するコンテナ船マースク・セントーサ。

ストリンガー | ブルームバーグ | ゲッティイメージズ

デンマークの海運大手 マースク 同国は金曜日、フーシ派による攻撃の波の中での安全上の懸念から、紅海からの船舶の迂回を「当面」延長すると発表した。

マースク氏は声明で「状況は絶えず進化しており、非常に不安定な状況が続いており、入手可能なあらゆる情報から、安全保障上のリスクが依然としてかなり高いレベルにあることが確認されている」と述べた。

彼女は、納期の遅れにもかかわらず、より一貫性と予測可能性を顧客に提供したいと付け加えた。

この迂回は、エジプトのスエズ運河を経由してヨーロッパとアジアの間のより速いルートを避け、南アフリカを回る喜望峰のより長いルートを選択することを意味します。

スウェーデンのイケア、英国の小売店ネクスト、家電会社エレクトロラックスなど欧州企業数社は、サプライチェーンの混乱による一部製品の遅れを警告している。

マースクは12月に停止した後、紅海とアデン湾を通る飛行を再開したが、同社の船舶1隻が攻撃されたため火曜日に再び停止した。

マースクの欧州上場株はロンドン時間正午(東部時間午前7時)時点で市場全体の下落をものともせず0.2%高で取引されていた。 同社は新年に欧州で最も好成績を収めた銘柄の一つで、今週は16%以上上昇した。

投資家らは、同社が同業他社とともに、船舶の航続距離が長くなり、すでに海上運賃が上昇しているため、市場の輸送能力が低下することで恩恵を受けていると見ている。

ドイツの海運会社ハパックロイドも、フーシ派の攻撃を受けて紅海から船舶を迂回させ続けると述べた。

「現時点で言えることは [is] 「紅海とスエズ運河を通過するのは安全だとは考えていない」とハパック・ロイド社のコーポレート・コミュニケーション責任者ニールス・ハウプト氏は金曜日、CNBCに語った。

「私たちは12月に攻撃を受けました。会社としての私たちだけでなく、特に乗組員にとって、これがどれほど困難だったかは想像もできません。ここ数日、紅海とスエズ運河を通過している限り、いくつかの攻撃がありました」 「安全ではない。我々はそれを通過させない」と彼は付け加えた。

READ  ウォルグリーンズのロズ・ブリュワーCEOが辞任