7月 3, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マンガの著作権侵害サイトは日本で広まっています

社会文化


東京、12月 31(Gigi Press)-アーティストの認識なしにマンガを投稿するウェブサイトは日本で広く普及しており、漫画家、特に新生児にとって深刻な問題になっています。

『鬼滅の刃』などの大ヒット作は、2020年までに国内のマンガ売上高が6,126億円に達すると見込んでいる。

この素晴らしい結果は、コロナウイルス感染の中で家にいる人々からの緊急の必要性のために明らかです。 ただし、同時に、海賊版Webサイトへの被害も増加しました。

マンガ盗難の問題に取り組むためにShuishaInc。を含む出版社によって設立された組織であるABJは、約400の盗難サイトのリストをまとめました。 パネルによると、このような最初の3つのサイトへの月間アクセス数は、2020年1月の1250万から、2021年10月には3億2600万に達した。

フィッシングサイト上位10サイトへのアクセス数に基づく推定被害額は、2021年1月〜10月に7,800億円を超え、2020年までに2,100億円を超えました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  北朝鮮が核実験の準備をしている間、米国、韓国、日本の大使が集まる