12月 9, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マレーシア航空が日本への便を増便

アジアがより多くの国際的な旅行者を歓迎するために国境を開放するにつれて、このパンデミック後の旅行の時代の空に正常な感覚が戻ってきました. 乗客の急増に備えて、マレーシア航空はクアラルンプール (KUL) の拠点から日本への便数を増やす計画を発表しました。

マレーシア航空はこの冬、日本へのフライトの頻度を増やす予定です © MD シャイフザマン イオン

マレーシア航空が日本へのフライトを増加させる忙しい冬

11月1日から、 マレーシア航空 東京の主要空港である成田 (NRT) と羽田 (HND) へのフライトが増えています。 今月初め、航空会社は、日本の旅行制限の緩和のニュースが明るみに出たので、クアラルンプールと大阪 (KIX) の間の増加したサービスを開始しました。

羽田空港発着便は、週 2 回から 3 回運航されます。 また、成田へのフライトは、以前の標準である週 5 便ではなく、毎日のスケジュールで運航されます。

フライトの出発は次のとおりです。

フライトMH36 KUL-HND: 15:00. 水曜日、金曜日、日曜日。

フライトMH37 HND-KUL: 00:30. 木曜日、土曜日、月曜日。

フライトMH88 KUL-NRT: 23:35。 毎日。

フライトMH89 NRT-KUL: 10:05。 毎日。

フライトMH52 クールキック: 22:40. 水曜日、木曜日、金曜日、土曜日、日曜日。

フライトMH53 キック・カル: 9:55. 木曜日、金曜日、土曜日、日曜日、月曜日。

足元に余裕のあるキャビンに座り、本を読みながら微笑む女性。
この航空会社の主力機である A350 は、足元の広い 27 席のエコノミー シートを備えています。 © マレーシア航空

日本の渡航制限緩和を受けて航空交通量が増加

すべてのフライトは、航空会社の主力機である A350 または航空会社の A330 で行われます。 A350 の座席数は 286 席で、ビジネス クラス 35 席、エコノミー キャビン 27 席、エクストラ レッグルーム、スタンダード エコノミー 220 席です。 A330 は 290 席で、先代よりも 4 席多くなっています。 このうち、ビジネスクラスが 27 席、足元の広いエコノミークラスが 16 席、スタンダードエコノミークラスが 247 席です。

マレーシア航空グループの最高経営責任者であるキャプテン イシャム イスマイルは、航空会社のフライト頻度の増加について次のように述べています。

「今年の 8 月に週 2 回のサービスを成功裏に開始した後、羽田へのフライトの予約が順調に伸びていることに勇気づけられています。 ビジネスおよびレジャー旅行者への国境の開放に続いて、現在の頻度の増加は、日本への旅行に対する旅客需要の増加に合わせたタイミングです。 大阪への運航も良好な牽引力を獲得しており、現在のキャパシティはパンデミック前のレベルの 70% です。

マレーシア航空は、日本行きの航空券とラウンジへのアクセスを 1 枚の航空券で提供しています。 日本航空、その合弁パートナー。 パンデミック後の旅行の時代は、航空会社が過去 2 年間の損失から利益を取り戻す (そしてパンデミック前のレベルに戻る可能性がある) 機会を提供するため、Ismail は日本へのフライト頻度の増加がどのように大きな利益をもたらすかについて考察します。 航空会社:

「羽田、成田、大阪の日本路線での追加サービスにより、経済成長を促進しながら貿易と商業を支援し、両国間の交通を迅速に再構築できると確信しています。 便数の増加は、ロンドン、オーストラリア、ニュージーランド、インドなどの他のトップパフォーマンスの国際目的地とともに、フライト容量をパンデミック前のレベルの 70% 以上に回復させるのに役立ちます。

目的地とフライトの予約方法の詳細については、こちらをご覧ください。 マレーシア航空のウェブサイト.

今シーズン、マレーシア航空が日本への便数を増やしたことについてどう思いますか? 以下のコメントでお知らせください!

READ  古河原毅監督が初めて闇と静寂を扱った作品は「渚」。