5月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マルチモジュール水素パイロットプラントが日本に開設

マルチモジュール水素パイロットプラントが日本に開設

日本のテクノロジー大手である旭化成と日本政府を含むそのパートナーの代表者は最近、日本の川崎に新しい水素パイロットプラントを正式に開設した。 現場での4つの0.8MWモジュールの試運転(図1)は、グリーン水素製造用の商用マルチモジュール100MWクラスのアルカリ水電解システムの導入におけるもう一つのマイルストーンであるとアサヒ・カジ氏は述べた。

1. アルカリ水電解パイロットシステム。 提供:アサヒ・ガジ

水素市場は今後数年間で急速に拡大すると予想されています。 水素評議会によると、世界全体の水電解装置の設置容量は、2030 年までに約 300 GW に達すると予測されています。 この需要の高まりに応えるため、旭化成は現在、グリーン水素製造に最適化されたアルカリ水電解装置アクアライザーを開発中です。 この新システムをマルチモジュールシステムの現実的な条件でテストするため、同社は2022年11月に川崎の生産拠点にパイロットプラントの建設を開始した。 新施設は2024年3月に稼働を開始し、5月13日には川崎市に企業代表者や株主らが集まり、正式オープンを祝った。

スケーリングを容易にするマルチブロックアプローチ

旭化成の水素事業責任者である竹中正美常務執行役員は次のように述べています。 [a] 旭化成だけでなく、世界の水素ビジネス全般にとって画期的な出来事だ。 この試験施設への当社装置の導入が成功すれば、大型マルチモジュールアルカリ水電解装置の実用化への道が開かれ、ひいては水素社会の実現に貢献できると考えています。

グリーン水素を製造するには、電気分解システムが風力や太陽光などの再生可能エネルギー源からの変動する電源に対応する必要があります。 パイロット プラントでは、4 台の 0.8 MW イコライザー ユニットが、メンテナンス中の動作や夜間の電力供給低下など、現実的な条件下で動作します。 さらに、この装置は、太陽光発電または風力発電からの変動する電力入力をシミュレートするように設計されています。 旭化成では、今回の試験で得られたデータを活用し、電解システムの装置設計、運転方法、制御技術の更なる向上を図っていきます。 旭化成は、マルチモジュール アプローチにより、10 MW の容量を持つ最大 10 個のモジュールを組み合わせて、最大 100 MW の容量を持つ商業用大規模電解システムを可能にすることを目指しています (図 2)。

2. 水電解パイロットプラントの役割。 提供:アサヒ菓子

2025年に実用化が始まる

旭化成の水素事業は、クロールアルカリ電解業界における 40 年を超える大規模かつ長期の経験に基づいています。 同社は商業事業を開始し、2030年までに総売上高1,000億円(6億ユーロ)を目指す計画だ。 アルカリ給湯器 2025年。

川崎重工のパイロットプラントは、この目標を達成するための重要な一歩です。 これは、2020年以来、日本の福島にある福島エネルギー研究フィールド(FH2R)での同社の10MW単層アルカリ水電解システムの長期テストの成功に続くものである。 浪江で得た実践経験と川崎でのパイロットプラントの運営により、旭化成は大規模で信頼性の高い多容量アルカリ水電解装置の市場参入をさらに強化することになる。 この経験は、2023年11月に発表されるマレーシアにおける60MWクラスの電解槽(GIフェーズ2)に関するGentariおよび日揮との共同実現可能性調査にも生かされる予定である。

パイロットプラントの建設と運営は、新エネルギー・技術開発機構(NEDO)の「グリーンイノベーション基金」の支援を受けている。

このコンテンツは旭化成を代表する広報機関より提供されたものを編集し、提供したものです。

READ  日本とイスラエルが地域の緊張の中で安全保障関係を強化