1月 31, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マルコ・ポーロ・マリン・アイス・オフショア・ウインド・ワーク・イン・ジャパン


2022 年 12 月 6 日

©マルコ・ポーロ・マリーン

シンガポールに上場している海運会社であるマルコポーロマリンは、日本の洋上風力発電市場への参入を目指しており、この点に関して「K」ラインウィンドサービスと覚書を締結しました。

マルコポーロマリンによると、両当事者は、日本の洋上風力発電部門の顧客にサービスを提供する適切なオフショア支援船を所有および運営する予定です。

台湾とは別に、この取引はマルコポーロマリンがアジアの別の洋上風力発電市場に参入したことを示しています。 PKRオフショアを購入して参入台湾を拠点とする風力発電事業者は、今年 5 月に設立されました。

Marco Polo Marine は、9 月初旬にバタム造船所で新しい試運転サービス運用船 (CSOV) を建造し、オフショア風力部門をサポートするサービスを拡大しました。



“K” Line Wind Service 2021年6月 川崎汽船株式会社 (「K」ライン)および川崎近海汽船株式会社オフショア風力発電の合弁会社は、電力事業のオフショア サービスを提供する目的で設立されました。 .

「日本が信頼できるエネルギー源として洋上風力発電の可能性を示しているため、市場はマルコポーロマリンの主要な収益ドライバーになると信じています。KWSを戦略的パートナーとして、フリート管理の専門知識を組み合わせ、深い知識を活用していきます。この地域での洋上風力発電プロジェクトのパイプラインをサポートするための日本市場の知識.” . ショーン・リーマルコポーロマリンのCEO。

Marco Polo は Marine Global Wind Energy Council (GWEC) の発言を引用して、日本には 128 GW の固定底洋上風力発電の可能性と 424 GW の浮体式洋上風力発電の可能性があると述べています。

日本政府は、2030 年までに 10 GW、2040 年までに 30 ~ 45 GW の洋上風力発電の目標を設定しています。

READ  日本とカンボジアの当局者はミャンマーと協力することに合意した