5月 25, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バンジーは運命の詐欺販売サイトに対して1つの訴訟を失います

マリウポリからの大きな護送船団が安全に到達し、難民は「壊滅的な」脱出について話します

ウクライナ、ザポリージャ(ロイター)-マリウポリの廃墟から難民を運ぶ車とバンの大規模な護送船団が、ロシア軍が彼らを去らせるのを数日待った後、土曜日にウクライナが支配する都市ザポリージャに到着した。

主にロシアによって支配されていたマリウポリは、80日間の戦争中に平らになりました。 ウクライナは、2か月以上にわたって、荒廃した都市から民間人を徐々に避難させてきました。

難民は最初にマリウポリから出て、ザポリージャの北西200 kmを運転する前に、どういうわけかベルジャンスク(海岸沿いの西約80 km)やその他の集落に向かわなければなりませんでした。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

74歳の年金受給者であるニコライ・パブロフ氏は、アパートが破壊されてから1か月間地下室に住んでいたと語った。 彼の親戚の一人は、「秘密のバイパス道路」を使って、なんとか彼をマリウポリからベルジャンシクに連れて行った。

キャラバンが暗闇に到着した後、彼は「私たちはほとんどそれを成し遂げなかった、私たちの中にはたくさんの老人がいた…旅行は壊滅的だった。しかしそれは価値があった」と言った。

マリウポリ市長の補佐官は以前、護送船団には500台から1,000台の車両が含まれており、2月24日のロシアの侵攻以来最大の1回の避難であると述べていました。

イリーナ・ペトレンコさん(63)は、最初は92歳の母親の世話をするために滞在し、その後亡くなったと語った。

「誰も埋葬する場所がなかったので、私たちは彼女を彼女の家の近くに埋葬した」と彼女は言った。 彼女はしばらくの間、ロシア当局は多数の車が去ることを許可しなかったと言った。

長い戦いの後、アゾフスタリ製鉄所の広大な製鉄所だけがまだウクライナの戦闘機の手に渡っていました。

「私の実家は空爆に見舞われ、すべての窓が粉々になった」と他の家族と一緒に不在だったユリア・パンテレバさん(27)は言った。

「私たちが家にいたら私たちに起こるかもしれないことを想像するのをやめられない」と彼女は言った。

モスクワは、ウクライナを武装解除し、反ロシアナショナリズムとして描写しているものを取り除くための「特別軍事作戦」としての行動を説明しています。 ウクライナと西側は、ロシアが挑発することなく戦争を開始したと言います。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(レポート)GlebJaranicとLeonardoPinassatoによって提出されました。 デビッドLjunggrenによって書かれました。 ダニエル・ウォリスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  リトアニアの外相はプーチンの弾劾を要求し、損失が増大するにつれてロシアの指導者がより不安定になることを期待している