2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マネックスグループがFTXジャパンへの入札に関心を表明

東京に本拠を置くオンライン証券会社のマネックスグループ本社。 日本の子会社である Sam Bankman-Fried が、破綻した仮想通貨取引所 FTX の入札に参加する可能性があると、Bloomberg が月曜日に報じた。

関連記事を参照してください: 破産したFTX取引所は、50億ドル相当の「流動的な」資産を回収した、と弁護士は言う

速い事実

  • マネックスグループの最高経営責任者(CEO)である松本大樹氏は、「一般的に言えば、私たちは本質的に関心を持っています。 ブルームバーグは言った 日本FTXユニットの今後の販売に関する質問への回答.
  • CEOは、マネックスがFTXジャパンに入札するとは言わなかったが、マネックスと競合する仮想通貨取引所の数を減らすことは「非常に良いことだ」と述べた.
  • 先週の金曜日、デラウェア州の米国破産裁判所は、FTX Japan Holdings、FTX Europe、株式取引プラットフォームの Embed Financial Technologies、および暗号デリバティブ取引所 LedgerX を含む債権者に資産を売却する許可を FTX に与えました。
  • そこに記載されているように 裁判所への提出FTXジャパンの買収に関心のある当事者は、拘束力のない仮入札を2月1日までに提出する必要があります。 FTX Japanのオークション締め切りは3月15日です。
  • 東京に上場しているマネックス グループは、2018 年に地元の仮想通貨取引所コインチェックを買収しました。 年初に取引所がハッキングされて 5 億ドルで購入されました。
  • FTXジャパン 宣言された 日本の仮想通貨取引所 FTX は、2 月以降、ユーザーが Liquid を通じて資産を引き出すことができるように取り組んでいます。 購入した 昨年子会社化した。

関連記事を参照してください: アラメダ清算人は、DeFiレンディングプラットフォームAaveで資金を統合しながら解散します

READ  更新 2: 日本はロシアのサハリン 2 ガス プロジェクトに関心を持っています