2月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マシュー・スタッフォードの2本目のTDパスでラムズのリードを広げてハーフタイムへ

マシュー・スタッフォードの2本目のTDパスでラムズのリードを広げてハーフタイムへ

カリフォルニア州イングルウッド – ラムズの初期の成功はニューオーリンズ・セインツとの「木曜日の夜のフットボール」でも続き、ロサンゼルスが開幕戦でNFLハイとなる11回目の得点を挙げた。

ラムズのQBマシュー・スタッフォードが2ヤードラインから4番ゴールで新人レシーバーのプッカ・ナコアを決め、この試合初得点を決めた。

95ヤードのタッチダウンランはラムズにとって今シーズン最長のドライブとなった。 スタッフォードはロード上で68ヤードのパス7本中5本を成功させ、4人の異なる選手と繋いだ。

後半後半、セインツが10-7とリードした後、スタッフォードはデマーカス・ロビンソンに4ヤードのパスを投げ、この夜2本目のタッチダウンパスを投げた。

ポストシーズン進出の可能性54%を持って臨んだラムズにとって、この試合はプレーオフに大きな影響を与える。 セインツに勝てばその率は78%に跳ね上がり、負けると17%に下がる。

READ  ノーラン・ジョーンズが雨で遅れた後に本塁打を打った