7月 22, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マクロン大統領は孤立し、フランス有権者への復讐を準備中

マクロン大統領は孤立し、フランス有権者への復讐を準備中

エマニュエル・マクロン氏は、数え切れないほどの危機に見舞われた政治家としてのキャリアにおいて多くのリスクを冒してきたが、早期選挙を実施するという同氏の決定は大げさな決定である可能性があり、同氏の遺産を台無しにし、過激主義の時代への扉を開く可能性がある。

欧州選挙でマクロン氏の中道政党が惨敗したことを受けてマクロン氏が国民議会を解散したことによる動揺は依然として強く、大統領に近い人物さえも政治的混乱に対する懸念を認めている。

マクロン大統領の同盟者であるエドゥアール・フィリップ元首相は、「大統領の過半数を殺したのは大統領だ」と述べた。

極右政党「国民集会」が勝利すると予想されており、緊迫した「共存」の中でマクロン氏の長年のライバル、マリーヌ・ルペン氏に初めて首相の職が与えられる可能性がある。

マクロン氏の人気は、ガブリエル・アタル首相が先頭に立って選挙運動を後手に回ることを同盟国が示唆するほどに低下している。

広告 – スクロールして続行してください


マクロン氏の最も忠実な支持者の一人であるマクロン氏にとって、予想外の大統領就任に不満の声も上がっている。

上院の親マクロン派議員のリーダー、フランソワ・パトリア氏は、「彼の成功に不満を持つ政治家側には復讐願望がある」と語った。

マクロン氏はアミアンで二人の医師の間に生まれ、25歳年上の教師だった時に将来妻となるブリジットと出会った。

広告 – スクロールして続行してください


「彼は16歳のときに演劇の先生と恋に落ち、結婚すると言い、その後結婚した。それはとても力強いことだ」と名門ENA大学院の元同級生の一人は語った。

同じ自信を持って、彼は2016年8月に大統領選への準備のため、フランソワ・オランド前大統領の政権を辞任したが、当時は危険な行動だった。

その後、彼はそのリーダーと同じイニシャルを冠した政治運動を立ち上げ、2017年の大統領選挙で39歳で勝利した。

広告 – スクロールして続行してください


マクロン氏は自身を「どうしようもない楽観主義者」と表現し、後に「フランスが不満で心配していたからだ」合意を破ることができたと語った。

しかし、かつて著書で「革命」を推進した元ロスチャイルド投資銀行家に対する楽観的な見方は、就任後の経済政策のせいですぐに否定的な見方に変わった。

社会主義政権の元経済大臣は、任期初めに高額所得者に対する税金を廃止すると発表してから「富裕層の大統領」という評判を得た。

広告 – スクロールして続行してください


そして昨年、退職年齢を62歳から64歳に引き上げようとした同氏の動きは広範な国民の抗議を引き起こし、マクロン氏が世論と乖離しているという認識を強めた。

さらに「私が傲慢だと思っている人がたくさんいる」とも付け加えた。 彼は、仕事を見つけるために「通りを渡る」だけで済む失業者に関するものなど、初期の皮肉が頭から離れなかった。

現在46歳のマクロン氏は、フランスが海外投資にとって欧州で最も魅力的な国とみなされており、大量失業を食い止めることに成功していることから、自身の経済実績がすべてを物語っていると信じている。

広告 – スクロールして続行してください


しかし多くの人にとって、マクロン氏の中道主義の公約は国内外の危機の波や極右からの圧力に耐えられなかった。

反政府「黄色いベスト」運動、新型コロナウイルス感染症のパンデミック、ウクライナ戦争などは、マクロン氏が任期中に直面した課題のほんの一部にすぎない。

国内での支持が低下したにもかかわらず、マクロン氏は依然として欧州政治において主要な発言力を持っていた。

フランス系ドイツ人の環境活動家ダニエル・コーンベンディット氏は、「議論すべきではない。彼は当代の偉大なヨーロッパ人だ」としながらも、マクロン氏の問題は「自分が正しいと確信している」ことだと付け加えた。

マクロン氏は2022年のロシア侵攻後、ウクライナを支援する同盟国の側に立ったが、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との交渉を続けたことで多くの人々を怒らせた。

2年後、その逆が当てはまり、マクロン大統領はウクライナへの派兵の可能性を否定していないが、この動きは不必要に扇動的であるとして他の西側諸国から批判されている。

元リヨン市長の故ジェラール・コロンブ氏はより率直に批判し、政府におけるマクロン氏の「傲慢さ」と「謙虚さの欠如」を述べた。

ある元顧問は、マクロン氏が孤立を深めているとの見方が問題の一部だと述べた。

彼らはさらに、「彼には人気のある人脈はありません…彼の周りの人々は同じ人々であり、時代の気分を表現していません。」と付け加えました。

大統領夫人は穏健派とみなされているが、マクロン氏は右傾化しており、大統領を日和見主義だと非難する人もいる。

2017年の勝利の夜、マクロン氏はルーブル美術館前で「フランス人が過激主義に投票する理由がなくなる」よう「全力を尽くす」と誓った。

しかし多くの人にとって、自分たちが投票した若い中道派はさらに右傾化し、他の過激派が政権を握る道を開いた。

2022年の再選に向けて反資本主義政党のスローガンからインスピレーションを得た同氏は、後に極右人物エリック・ゼムールの「フランスがフランスのままであるように」という言葉を採用した。

2027年に大統領の座を引き継ぐチャンスを感じているルペン氏にとって、マクロン氏は「適応能力と信じられないほどの自信を持っており、それが長所でもあり短所でもある」。

元特別検察官はこの柔軟性について異なる見方をしている。

フィリップ・グランジョン氏は、「大統領は2017年と人間の価値観に背を向けている」と述べ、「右傾化は存在しない…大統領は意見の変化に適応している」と付け加えた。

マクロン氏はこうした批判を拒否し、最終的には自分次第だと述べた。 「最も難しい決断は自分で下すものだ」と彼は言う。

vl-fff-ekf/sjw/db

READ  私たちがしたことは恐ろしいものでした、これはフランスの連続殺人犯の元妻が法廷で語ったものです | フランス