1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マクロン、組合は年金制度を改革するためにフランスの対立に向かっている

  • 定年が62歳から64歳に引き上げられる
  • 労働組合と左派野党は改革を拒否
  • 議会での採択は権利に依存する

[パリ 23日 ロイター] – フランス政府は火曜日、フランス国民は定年退職する前に64歳まで2年以上働かなければならないと述べ、人気のない年金改革を発表した。

フランスでは比較的若い年齢で引退する権利が高く評価されており、この改革は、生活費に対する社会的不満が高まる中、エマニュエル・マクロン大統領が変革をもたらす能力を試す主要なテストとなるでしょう。

議会で改革を通過させることは容易ではありません。 マクロン政権は、年金予算が赤字にならないようにすることが重要だと述べている。 組合は、この改革は不公平で不必要だと主張している。

穏健な改革派CFDT組合のローラン・ベルガー党首は、労働組合の指導者が1月19日に全国規模のストライキに合意した後、記者団に「このような残忍な改革を正当化するものは何もない」と語った。

Odoxa が実施した世論調査では、市民の 5 人に 4 人が定年の引き上げに反対していることが示されました。

エリザベート・ボルヌ首相は記者会見で、「年金制度の変更がフランス国民の間で疑問や懸念を引き起こしていることは十分承知している」と述べた。

「今日、私たちは年金制度の均衡を保つためのプロジェクトを提示します。これは公正なプロジェクトです」と彼女は述べ、フランスは現実に直面しなければならないと付け加えた.

年金改革は、2017 年にエリゼ宮に就任したマクロン大統領の改革アジェンダの主力でした。

2 回目の試行は簡単ではありません。

56 歳の Frederic Bradrell さんは、Bourne の発表に先立って西部の都市レンヌで行われた小規模な抗議行動の中で、「次から次へと平手打ちだ」と語った。 「退職年齢を引き上げる以外に、年金を賄う方法は他にもある」

「残忍な、残忍な」

マクロン氏とボーン氏は、議会を通じて改革を実現するために、今後数か月以内に共和党の保守派議員の支持を得る必要があります。

これは、退職年齢(マクロン大統領はもともと65歳を望んでいた)と最低年金に関する譲歩の後、数週間前に比べてそれほど困難ではないように見える。

下院議会で LR グループを率いるオリヴィエ・マーリックスは、ボーンの広告に好意的な反応を示しました。

「彼らは私たちの意見を聞いてくれました」と彼は言い、定年に近い人々が確実に雇用されるようにするためのさらなる努力を求めた.

ただし、LR はこの問題について意見が分かれているため、すべての投票が重要です。

社会主義者、極左のラ・フランス・エンスーミーズ(フランスは屈しない)、そして極右の国民集会は、改革をすぐに非難した。 左翼議員のマチルド・バノーは、この計画を「時代遅れで、不公平で、残忍で残酷」と呼んだ。

極右のマリーヌ・ル・ペン氏は、「フランス人は、この不当な改革を阻止するという我々の決意を信頼することができる。

政府の計画では、定年は9月から毎年3か月ずつ引き上げられ、2030年には64歳になる。

これまでの改革で予定されていたよりも8年早い2027年から、完全な年金を受け取るには43年間働く必要があります。

その他の措置は、60 歳から 64 歳の雇用率を高めることを目的としています。これは、主要先進国の中で最も低い雇用率の 1 つです。

経済協力開発機構によると、フランスは先進国で最も退職年齢が低い国の 1 つであり、ほとんどの国よりも多くの年金を経済生産の 14% 近くに費やしています。

Elisabeth Pineau、Lee Thomas、Stéphane Mahy、Tassilo Hamill、Blandine Henault による追加レポート。 イングリッド・メランダー著。 リチャード・ラブ、アレクサンドラ・ハドソン、ジョシー・カオによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ジョー・バイデン大統領とドイツ連邦共和国のオラフ・ショルツ首相との電話後の共同プレスリリース