10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

マクドナルドのスパッドが不足しているため、日本は「ジャガイモ戦争」の危機に瀕している

マクドナルドがフライドポテトを配給することを発表した後、ファーストフードチェーンは、新しい顧客を獲得するためにチップ愛好家を宣伝することにより、「ポテト戦争」の危機に瀕しました。

米国のチェーンは今月初め、ポテトの不足のため、チップのごく一部を来月まで全国の2,900店舗に供給すると述べた。 中断」。

ハッシュドポテトも一部の場所でメニューから削除されたと言われています。

マクドナルドは、削減はバンクーバー港の近くでの流行と世界的なロジスティックの混乱によって引き起こされたと言いました。

この発表は、アメリカの冷凍ポテト製品のアジア最大の市場である日本の他のファーストフードチェーンに火をつけ、「ポテト戦争」として知られているソーシャルメディアで不満を持った顧客からお金を稼ごうとしました。

ニュースエージェントチェーンのミニストップは通常のフライドポテトのサイズを3倍にしたと言われていますが、人気のある店頭の冷凍食品会社であるピカードは、アート付きのチップスの写真をツイートしました。

「ジャガイモ難民」

ソーシャルメディアユーザーは、「これはフライドポテト愛好家にとって歓迎すべき戦いです」とコメントしました。

しかし、誰もが幸せというわけではありません。 東京都心部の30歳の男性が京都ニュースにこう語った。 [McDonald’s] 私はフライドポテトが好きなので配給をします。 彼らがすぐに問題を解決することを願っています。

「紛争」は、ソーシャルメディアで「ジャガイモ難民」というフレーズにつながりました。

全国的なハンバーガーチェーンであるフレッシュネスバーガー氏は、「ジャガイモ難民を救うために、チップの供給が25%増加している。彼らのジャガイモのニーズに応えたいと考えている。

また、フライドポテトがアメリカからの輸入品ではなく、日本製のジャガイモから作られていることを宣伝するのも簡単です。

今のところ、マクドナルドに固執することを誓う人もいます。

「すぐに他社製品に切り替えるとは思わない」と、ジャンクフード好きの恣意的なタツノリ・タニアイさん(33)は語った。 「しかし、ジャガイモの不足が続く場合、保証はありません。」

グローバルな流通チェーンの遅れは、日本のチップ愛好家に影響を与えただけではありません。

マクドナルドのマレーシアは今週、全国のフライドポテトの大部分をカットする同様の計画を発表しました。

今月初め、ケニアのKFCは、ポテトトウモロコシに次いで国内で2番目に消費されている作物であるにもかかわらず、Kovit-19による出荷の遅れにより、輸入チップスをメニューから完全に削除する必要がありました。

「KFCボイコット」キャンペーンがソーシャルメディアで勢いを増した後、同社は国内でジャガイモを入手し始めていると発表しました。

READ  Gunamatは、日本で構築されたもう1つの1対1スケールのモバイルスイートです。