12月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

Rachel Nichols on Showtime Basketball's All The Smoke.

マイクロソフトは、「出荷可能なプレイステーションがある限り」、ソニーのプラットフォームでコール オブ デューティを維持します。

Xbox のチーフ Phil Spencer は、これまでのところ、PlayStation プラットフォームでの Call of Duty の将来について Microsoft に明確な約束をしています。

に話しかける 同じ脳 Youtube チャンネルである Spencer は、「出荷できる PlayStation がある限り」、Sony コンソールで Call of Duty ゲームをリリースし続けることを誓っています。

プレイステーションでのコール オブ デューティの将来は、英国の競争市場庁 (CMA) などの規制当局にとって論争の的となっています.

Eurogamer ニュースキャスト: コナミはサイレントヒルを復活させることに成功するでしょうか?

マイクロソフトは、近い将来、コール オブ デューティのゲームをリリースし続けると繰り返し述べてきました。 コール オブ デューティは、現在のソニーとの契約後、「少なくともあと数年」はプレイステーションにとどまると約束した アクティビジョンブリザード搭載。 ただし、規制当局は、実際にはどれくらいの時間がかかるか、Activision Blizzard が Microsoft によって所有されているかどうか、いつ所有されるかについて疑問を呈しています。

これは、トピック全体に関するスペンサーの最新の引用です。

「私たちは PlayStation からコール オブ デューティを取りません…それは私たちの意図ではありません」とスペンサーは言いました。 「私たちの目標はそれを行うことではなく、プレイステーションが出荷可能である限り、プレイステーションでコール オブ デューティを出荷し続けることです。マインクラフトを所有して以来行ってきたことと同様です. ”

「人々が Minecraft をプレイできる場所を拡大しましたが、場所の数を縮小していません。これは良いことであり、Minecraft コミュニティにとって良いことでした。私の意見では、同じことをしたいと考えています。コール オブ デューティが何年にもわたってどこで継続できるかを考えたときです。」

規制当局にとってのもう 1 つの問題は、Microsoft が Game Pass サブスクリプション サービスに Call of Duty を含めることで得られる競争上の優位性です。

もしそうなら、マイクロソフトは引き続き PlayStation でコール オブ デューティを通常の 70 ポンドの前払い価格でローンチすることができますが、その代わりに、既に Game Pass を持っている Xbox 所有者に追加費用なしで提供します.

「Xbox自体、私たちのコンソールに投資したプレーヤーにとって、あなたが目にする最大の追加は、いくつかの優れたゲームがGame Passに登場することです」とスペンサーは続けた. 「これは、コミュニティを他のプラットフォームから引き離すことではありません。しかし、私は、それらのゲームを観戦するのに最適な場所にしたいと考えています。」

九月に、 PlayStation と Xbox のヒット作が Call of Duty の将来をめぐって取引される 英国の Capital Markets Authority が Microsoft による 680 億ドルでの Activision Blizzard の買収をさらに調査すると発表した後.

「コール オブ デューティのようなアクティビジョン ゲームをマイクロソフトに支配させることは、重大な悪影響をもたらした」とソニーは当時述べていた。

これに対し、Microsoft は次のように答えています。

この最後の約束はスペンサーから来ました 取引は厳しい精査に直面している、2023年春の英国資本市場局からの最終決定の前に。

READ  ランダム:デイジーファンは、彼女がマリオストライカーズに落とされることを心配しています