5月 31, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ポーランドと日本が水素協力を深める

ポーランドと日本は、両国間の水素協力を深める覚書に署名しました。

アンナ・モスクワ気候・環境相はツイッターで「本日、日本の西村康稔経済産業大臣とともに、この分野における両国間の協力に関する覚書に署名しました。 この取引はより多くの関心につながります ポーランドにおける水素投資事業 水素投資。

「今日、私たちは新たな協力分野についても概説しました。 水素に加えて、それはCCS炭素回収および貯蔵技術です。 これは、エネルギー主権に向けたもう 1 つのステップです。

日本は、昨年12月に欧州連合と水素協力協定を締結し、欧州との関係を緊密化しています。

アジアの大国は、2030 年までに本格的な国際水素サプライ チェーンを確立して、水素のコストを下げ、暖房でのアンモニアの使用を促進することを計画しています。
低炭素代替燃料としての発電。

同社は最近、水素の年間供給量を現在の 200 万トンから 2040 年までに 1,200 万トンに増やすという目標を発表しました。

日本政府は、今年(2023 年)5 月末までに基本的な水素戦略を改訂する計画の下で、水素と再生可能エネルギーの使用を促進するために、今後 15 年間で 15 兆ドル(1,128 億 6,000 万ドル)の官民投資を追求することを望んでいます。 エネルギー源。

岸田総理は「再生可能エネルギーや水素分野での国際競争の激化に対応しつつ、国内の脱炭素化を加速する」と述べた。

続きを読む: 水素への野心を高める日本

日本の気候変動対策ロードマップには 3 つのマイルストーンがあります。 まず、日本は、国連気候変動条約の下で、2013 年から 2030 年までに温室効果ガス (GHG) 排出量を 26% 削減することを約束しました。

2 つ目は、2050 年までに革新的な技術の開発を促進し、日本が世界の蓄積大気 CO2 を「ゼロを超えて」削減することに貢献できるようにすることです。

2020 年 10 月 26 日に塚吉英首相が発表した 3 つ目の最も野心的なマイルストーンは、日本が 2050 年までに GHG 排出量を実質ゼロにし、30 年以内に日本をカーボン ニュートラルにすることを求めています。

ポーランドは現在、ドイツとオランダに次ぐヨーロッパで 3 番目に大きな水素生産国であり、年間生産量は約 200 リットルです。 130 万トンですが、再生可能資源から得られる水素はごくわずかです。

水素経済の発展には、バリュー チェーン全体の発展が必要です。特に、新しい RES 発電容量、水素製造設備、低炭素源からの水素生成物、エネルギー ニーズに対応するプロセスと技術が必要です。 セクター、熱、輸送、およびその他の経済セクター。

PKN ORLEN は、ポーランドの都市、ヴァウブジフ、ポズナン、カトヴィツェに 3 つの公共水素補給ステーションを建設する予定です。

H2 View は昨年 11 月、ポズナン駅とカトヴィツェ駅が 2023 年後半に開通する予定であり、ヴァウブジフの開発は 2025 年初頭までに開始される予定であると報告しました。

続きを読む: PKN ORLEN、ポーランドに 3 つの新しい水素燃料ステーションを建設

READ  中国と日本は4年ぶりに防衛協議を行っている