6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ポッキー、プリッツ、そして大阪の「ランニングマン」 グリコ日本工場の舞台裏

ポッキー、プリッツ、そして大阪の「ランニングマン」 グリコ日本工場の舞台裏

バゲットやプレッツからアーモンドミルクまで

1世紀を超える豊かな歴史を持つグリコの成功の重要な要素はノスタルジーです。

長久氏は「消費者に良い機会を提供できれば、良い思い出になる」と語った。 「良い思い出があると、人々はポッキーを買うようになります。」

しかし、長年にわたって彼らが示してきたように、同社はその栄光に満足しているわけではありません。 たとえば、ポッキーはもともとチョコレートから始まりました。 イチゴ、抹茶、バナナ、さくらなど、さまざまなフレーバーが揃っています。

長久さんは、若い頃に友人たちからもリクエストがあったと述べ、「友人の中には、ピーチやパイナップルなど、別のフレーバーをリクエストする人もいた」と語った。

また、日本国外のさまざまな市場に適応することでも知られています。 同氏は、「最近、シンガポール限定商品であるヤ・クン・ガヤ・トーストを発売した」と述べ、人々がこの季節限定商品の復活を求める声を上げていると付け加えた。

それは単なる好みの問題ではありませんでした。 「若い世代は…持続可能性を重視しています。彼らは健康的な製品と本物の本物の食材を求めています」と彼は付け加えた。

それが彼らが3年前にボギー方式を変更した理由の1つだ。 「スティックの中には全粒粉と食物繊維が入っています。健康的であるだけでなく、歯ごたえもあります」と長久氏は述べ、「アーモンドクラッシュ」や「ナッツフルーツ」パッキーなど、さらに多くのフレーバーをシンガポールで発売する計画を明らかにした。限定のベイクドチーズケーキ味も発売されています。

シンガポールのポッキーとプリッツ愛好家にとって、この会社について多くの人が知らないのは驚くべきことですが、この会社はスティック状のスナックだけではありません。

アーモンドミルクが新しいものだと思っていたなら、考え直してください。 グリコは2014年から「アーモンドKoka」ブランドを展開しているが、2022年にはタイから地域限定で発売する予定だ。 5月にフィリピンで発売され、年末までにシンガポールとマレーシアでも利用可能になる予定だ。

READ  バイデンの駐日大使は、日産の経営陣を優先することを誓う