6月 15, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ボーイングのスターライナーの打ち上げはヘリウム漏れを修正するため5月末まで延期された

ボーイングのスターライナーの打ち上げはヘリウム漏れを修正するため5月末まで延期された

5 月 18 日 (UPI) — ボーイング社初の有人宇宙ミッションは、進行中のヘリウム漏れのため金曜日に再び延期された。

宇宙船は今 5月25日に離陸予定 NASAが火曜日に予定されていた打ち上げを中止したことを受けて。

遅れはチームに時間を与えることになる 少量のヘリウム漏れの評価を継続する 同庁は宇宙船サービスモジュールで明らかにした。

これは、NASAの宇宙飛行士バリー・“ブッチ”・ウィルモアとスニータ・“ソニー”・ウィリアムズを国際宇宙ステーションに送る予定だったボーイングのスターライナー計画の一連の遅延の最新のものである。

スターライナーチーム 漏洩は水曜日に発見された。 NASAは、漏れは安定しており、飛行中に危険をもたらすことはないと述べたが、ボーイングはシステムが飛行中に十分な性能能力と適切な冗長性を確実に維持するための手順を開発している。

5月6日の打ち上げは、スターライナーをフロリダ州のNASAケープカナベラル宇宙軍基地から宇宙に送り出す予定だったULAアトラスVロケットの酸素タンクの圧力調整バルブの故障により中止された。

同局によると、ウィルモア氏とウィリアムズ氏はヒューストンで隔離を受けており、新たな打ち上げ日が近づくとフロリダ州にあるNASAのケネディ宇宙センターに戻る予定だという。

ボーイング初の有人スターライナーミッション 予定より約4年遅れ。 最初の無人ミッションは、宇宙船が国際宇宙ステーションとのランデブーに失敗したため、2019年に終了した。 ボーイングはソフトウェアとハ​​ードウェアを大幅にアップデートしてプログラムを全面的に見直し、2022年にミッションを成功させた。

同社は、2011年に終了したスペースシャトル計画に代わるNASAのコマーシャルクループログラムに基づき、NASAと40億ドル以上の契約を結んでいる。

一方、NASAとの契約額が26億ドル相当のSpaceXは、13回のミッションで50人を宇宙に飛ばし成功させた。

ボーイングは地上で対処すべき問題をさらに抱えている。 同社の民間航空部門は、1月にアラスカ航空の737 Maxジェット機からドアストッパーが飛散した後、厳しい監視の対象となった。

1 月以来、Max 737 に関する他のいくつかの問題が報告されています。 司法省はアラスカ航空事件について犯罪捜査を開始すると発表した。

READ  新しい理論は、暗黒物質が追加の宇宙難民である可能性があることを示唆しています