12月 3, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ボロコプターは2023年に一般的なテスト飛行でeVTOL車両を日本に持ち込む予定です

アーバンエアムーブメント(UAM)スペシャリスト ボロコプター 最近発表された大阪円卓会議は、eVTOL(電気垂直離着陸)技術を日本に持ち込むことを目的としています。 ボロコプターは、2025年日本国際博覧会の関西日本国際博覧会で航空機技術を紹介することを約束します。 投資家である日本航空の要請により、ボロコプターは2023年に日本でeVTOL車両の一般的なテスト飛行を開始します。

Volocopterは、航空機メーカー、空港、空中パイオニアであるドイツのアーバンエアモビリティ(UAM)開発者です。 400人以上の現在の従業員で、それは財政的に実行可能です ダイムラーのような人々からのサポート そして日本航空(JAL)。

本社はドイツのブリュッセルにあります。 街の進歩に焦点を当てた3つのテストおよび開発サイトがあります そのVolocityエアタクシー

マニュアルに加えて、ボロコプターはミュンヘンでも運営されており、VoloDroneは高貨物輸送と長距離飛行のための電気VoloConnectの開発に焦点を当てています。

ボロコプターは、今後3年以内に、シンガポールで世界初のeVTOL都市型エアタクシーサービスの開始に取り組んでいます。 同社はまた、150のボロコプター製品を供給する予定です。 中国のゼリー 今後5年以内に。

9月に、ボロコプターがロサンゼルスのアーバンオペレーションラボラトリーズ(UML)と提携したことを発表しました。 UAMソリューションを地域にもたらす、のマーケティングキャンペーンから始まります 騒ぎ2021 11月。

数週間後、eVTOLテクノロジー開発者が発表しました 日本航空との契約 ボロコプターの電動エアタクシーと大型貨物リフトドローンを日本で運用する。

最新の発表により、ボロコプターはアジアでのフットプリントを急速に拡大することを目指しており、すでに日本航空向けのeVTOL車両を超えています。

日本航空/出典:ボロコプターが割り当てたVolocity eVTOL

Volocopterは、2023年までに日本でeVTOLサービスを開始する予定です。

最近のニュースレター、ボロコプターは、eVTOL技術をさまざまな面で国内に導入する計画で、海外の大阪円卓会議に参加したというニュースを共有しました。

これには、UAMテクノロジーの証明が含まれます 2025年日本国際博覧会大阪関西世界中の都市で数年ごとに開催される世界博覧会。 Volcopterのリリースによると、日本は2018年から、eVTOLエアタクシーと大型貨物ドローンの完全な商業化を2030年までに完了するために取り組んでいます。 これら2つの航空宇宙製品ボロコプターは活発に成長しています。

VolcopterのCEOであるFlorianReutersが、同社の日本への取り組みとeVTOLテクノロジーの将来について語ります。

HSO 2025大阪関西の重要なマイルストーンで、大阪円卓に座って飛行機に乗ることを誇りに思います。 日本と大阪のUAMの商業化への取り組みとそのオープンなアプローチにより、私たちは将来の運動のパイオニアとなることができます。 多くの大陸で成功した公共航空機と多目的航空機を備えた世界初で唯一のEVDOL開発者として、私たちは日本の将来のUAM環境の不可欠な部分になることを望んでいます。 パートナーと協力して、標準のUAMサービスを通じて人口密集地域の生活を改善することを目指しています。

ロイターが言及したパートナーの1つである日本航空は、2020年2月から同社に投資しています。 同社は最近、ボロコプターのVolocityAirタクシーとVolotronsを搭載した100機のeVTOL航空機を予約しました。

2025年は一方通行のように見えるかもしれませんが、ボロコプターはUAMの商業化を成功させるために、日本の地方規制当局と協議中です。 同社は、自社製品が災害救援をどのようにサポートしているかについて、地方自治体と直接連絡を取り合っていると語った。

今後もボロコプターは、アジア、ヨーロッパ、その他の米国で商用化されるeVTOL航空機に向けて成長を続け、2023年以降、日本のコントローラーと大阪円卓会議に備えます。

FTC:収益を生み出す自動接続リンクを使用しています。 さらに


独占ビデオのためにYouTubeでElectrekを購読する そしてこれを購読する ウェブライト

READ  日本初のデュアルフューエル水素ボートが完成