11月 28, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホームでの表彰台への小林の華麗なドライブ – FormulaNerds.com

2012 年、小林可夢偉はホームの日本グランプリで 3 位に入賞しました。

小林可夢偉 (JPN) は、ザウバー C31 パーク フェルムで祝います。
F1 世界選手権、第 15 戦、日本グランプリ、レース、鈴鹿、日本、2012 年 10 月 7 日日曜日。
(フォトクレジット: motorsportimages.com)

今週末、F1 は 2 年ぶりに日本グランプリのために鈴鹿に戻ります。 F1 は国際的なスポーツであり、今年は角田祐希がホームでレースをします。

しかし、2012年から際立っていたのは鈴鹿でのホームレースでした 日本グランプリ その年はセバスチャン・ベッテルが優勝したが、小林可夢偉は母国で表彰台を獲得した。

自宅で小林さんのステージを見に行きましょう。

小林のF1キャリア

小林は2009年にブラジルでF1デビューを果たした。 雨の中、中盤で戦うトヨタで、当時のチャンピオンシップリーダーであるジェンソンバトンを予選で下したとき、彼は最初から驚くべきスキルを示しました。

2010年シーズンに先立って、彼はザウバーと契約し、ルノーに移籍したロバート・クビサの後任となった。 セイバーにいる間、彼のチームメイトにはニック・ハイドフェルド、ペドロ・デ・ラ・ロサ、セルジオ・ペレスが含まれていました。 シンガポールグランプリ.

ペレスはしばしば彼よりも優れたパフォーマンスを発揮し、一般的に言って、ザウバー時代には 2 人のドライバーの中でより優れたドライバーでした。 しかし、ペレスはBeyond the Gridのインタビューで、現在の彼のゲームの最高の側面の1つである、タイヤを節約する能力は小林から来ていると語った。

一貫してペレスに遅れをとっているにもかかわらず、小林はグリッド上で最も面白いドライバーの一人と見なされていました。 彼のアグレッシブなドライビング スタイルにより、彼は常に監視されていました。 これらのイベントの 1 つが 2012 年に日本で開催されました。

2012年日本グランプリ

予選では、小林はバトン、マーク・ウェバー、ベッテルに次ぐ4位につけた。 しかし、バトンがグリッドペナルティを受けたため、小林は3位に昇格した。

ウェバーにとって残念なことに、彼はロータスを運転していたロマン・グロージャンに殴打され、ペレスに対して防御した. グロージャンのチームメイト、キミ ライコネンもフェルナンド アロンソを攻撃した。 ブルーノ・セナがドラマを避けようとしたが、ニコ・ロズベルグと衝突し、ドイツ人をレースから外したとき、さらなる混乱が生じた。

オープニングラップでの混乱により、セーフティカーが導入されました。 ベッテルは小林を引き離したが、小林は2位をキープした。 セイバーは、オープニングラップでアンダーカットを試み、3 位のフェリペ マッサをオーバーテイクしたときに、戦術的な問題に見舞われました。

残念ながら、アンダーカットは機能しませんでした。 小林もバトンも既に調子に乗り、マッサに負けていた。

ベッテルはレースを支配し、2010 年以来初めて 2 位のマッサに勝利し、1 年前のハンガリーでのクラッシュ以来、彼がどのように勝利していないかを示しました。 小林はバトンに及ばない車で持ちこたえ、3位でフィニッシュし、日本にとって信じられない日となった。

続きを見る

Verture フォーミュラ 2

22年ぶりの日本のホームステージを待っていた小林は、スタンディングオベーションを受けた。 以前、1990年の鈴鹿で鈴木あくりが3位、佐藤琢磨が表彰台に上がったが、それはインディアナポリスだった。

小林はF1を辞めた

シーズンの終わりに、ミハエル シューマッハの F1 からの 2 度目の引退以来、いくつかのドライバーの移籍が発生しました。 メルセデスではルイス・ハミルトンがシューマッハに取って代わり、マクラーレンではペレスがハミルトンに取って代わった。 ニコ・ヒュルケンベルグがザウバーでペレスのシートに就く。これはエイドリアン・スーティルがフォース・インディアに戻ることを意味する。

しかし、この中で小林はどこにいたのでしょうか? 残念ながら、小林はメキシコ人がより多くのスポンサーを持っていたため、エステバン・グティエレスにスポットを失ったため、小林は2013年シーズンに欠場しました。 しかし、彼は瀕死のケータハム チームで F1 に復帰しましたが、そのシーズンは 1 ポイントも獲得できませんでした。

その後、耐久レースに転向し、2019-20 年に世界耐久選手権 (WEC) で優勝し、2021 年にはル・マンと WEC の両方で優勝しました。 これはすべて、彼がF1デビュー時にドライブしたトヨタのチームでした。 彼は最近の歴史の中で最も成功した耐久レース ドライバーの 1 人になり、トヨタで 12 のレースに勝利しました。

2022年日本グランプリ

F1での2シーズン目の角田有希は、今週末、地元の観衆の前でレースを行う。 彼は現在、11ポイントでドライバーズランキング17位です。.

アルバタリの角田は、初のホームグランプリで日本での小林の勝利を再現できるか?

キャプション画像クレジット: motorsportimages.com

READ  日本のANAは、第3四半期の営業利益が少ないことに驚きました