10月 4, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホンダウォッチ1:54.04、林リッピング2:06.41

2022年日本試験会議

  • 3月2日水曜日-3月5日土曜日
  • 辰巳国際水泳センター、東京、日本
  • LCM(50 m)
  • 2022年ブダペスト世界選手権、2022年アジア競技大会、世界ユニバーシアード大会の選考大会
  • 1日目のレビュー/ 2日目のレビュー
  • 結果

2022年の日本選抜大会の3日目には大きな成果はありませんでしたが、キープレーヤーは東京でのこの4日間の事件で彼らのマークを記録し続けました。

その中には、現在の200mフライオリンピックの銀メダリストがいます。 ドモルホンダ、20歳の男性がパンとバターのイベントに参加しました。 彼は本当に明るく輝いていて、1:54.04という非常に速い時間で2匹のハエをここに連れて行きました。

54.35 / 59.69で割ると、ホンダはチームメイトと1:55以下で泳いだ唯一のスイマーでした。 寺田匠 次の行は実線1:55.21です。 ホンダの東京での金曜日の時間は1:53.73に達したので、この国内会議では、その人はそのパフォーマンスで0.5秒未満でした。

驚いたことに、 長谷川鈴鹿 女子200mをノックダウン。 原因を突き止めようとしています。

彼女の代わりに、それは 林キナ 2:06.41秒で誰が金を獲得したか。

1:00.67に開幕し、1:05.74に帰国した彼は、2021年の日本大学間選手権でプロデュースした2:06.91に0.5秒をハックし、林の時間を彼の新しい人生で最高のものにしました。

彼女は現在、日本からの女子200mに出場しています。 中西悠子はレースで3番目に速いフライヤーであることを誇りに思いました。 さらに見方を変えると、林の時間は2020年のオリンピックで4位に終わったでしょう。

日本の女性トップ5LCM 200バタフライアーティスト、これまでに

  1. 星奈津美、2:04.69(2012)
  2. 長谷川鈴木2:06.29(2017)
  3. 林キナ2:06.41(2022)
  4. 中西悠子、2:06.52(2006)
  5. 萬野博子、2:06.92(2017)

メガスター 瀬戸だや 彼は今夜も水中にいて、1:57.09の信頼できる努力で男子200mIMランに簡単に勝ちました。 これは、2022年の世界最速の時期です。

リカゴイケア さらにダメージを与え、54.02で勝ちました 白井りお 女子100mフリースタイル。 白井は54.67で銀メダルを獲得し、両方の女性はブダペストの個々のイベントの資格を得るために必要な53.96を逃しました。 しかし、Ikeeはメドレーリレーの品質を行いました。

追加の勝者:

  • これが400mの無料勝者です。 ナンバムー彼は8時29分07秒で800メートルのフリーレースに勝ち、2倍になりました。
  • ミッキー高橋 彼女は28.09秒で女性の第50部門で金メダルを獲得しました 入江陵介 彼は24.83で時計を止め、男子50m背泳ぎで25秒未満の得点を記録しました。
  • 男子400m 江原内道 3:47.74で勝ちます。
  • 大本リガ大橋悠依 女子200m IMはトーナメントで1-2を終え、2:11.66から2:11.72までステージを上回りました。 両方の女性がこの大会でブダペストに出場しました。

READ  日本が長年持っていた最高のニュースは菅義偉を救うことができます