6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホンダなどが水素エンジンの共同研究を開始

ホンダなどが水素エンジンの共同研究を開始

経済技術


東京、5 月 18 日 (GG Press) — ホンダ自動車株式会社、ヤマハ発動機株式会社また、日本の二輪車メーカー2社は、小型モビリティ用の水素燃料エンジンを開発するための共同研究を発表した。

水曜日、川崎重工業とスズキ自動車を含む4社は6月に技術研究組合を設立すると発表した。 これにより、4社は国際競争力の向上につながる環境に優しい次世代二輪車の開発を目指します。

研究施設設立計画は5月11日に産業省から承認を受けた。

川崎重工業株式会社とトヨタ自動車株式会社は特別会員として研究会を支援します。 研究会の会長にはヤマハ発動機執行役員の小松健治氏が就任する。

ホンダは水素燃料エンジンの開発に携わり、スズキはエンジンの動作、性能、信頼性に関する部品の研究を行う。 ヤマハ発動機と川重工業は関連機器の研究を進める。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本で最も裕福 (2023 年 2 月 22 日)