8月 20, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホワイトハウスは、2四半期連続のマイナスGDPが景気後退を示す可能性は「低い」と述べています。

ホワイトハウスは、2四半期連続のマイナスGDPが景気後退を示す可能性は「低い」と述べています。

The ホワイトハウス経済諮問委員会 彼は7月21日、金曜日の国内総生産の事前見積もりがマイナスであったとしても、国が不況にあることを示す兆候である可能性は低いと述べた。

不況状態 マイナスの経済成長の2つの連続した四半期に。

ブログの投稿で、経済諮問委員会は、GDPが2四半期連続して低下したからといって、国が不況に陥っているわけではないと述べました。

「不況とは何ですか?実質GDPの2四半期連続の減少が不況を構成すると見ている人もいますが、それは公式の定義でも、経済学者が景気循環の状態を評価する方法でもありません」とブログ投稿は読んだ。

財務省。 ジャネット・イエレンは経済の「減速」を認めるが、景気後退の恐れを取り除く

ジョー・バイデン大統領は、2022年7月6日、オハイオ州クリーブランドのマックスS.ヘイズ高校で、経済と、複数雇用者の退職計画を保護する米国の救済特別財政支援プログラムを実施するための最終的な基盤について話します。 (写真提供:Saul Loeb / AFP via Getty Images)/ Getty Images)

全米経済研究所の数字を引用して、この出版物は「景気後退指数変数」が「パンデミックの開始以来、米国経済の力強い成長を示し、今年の前半に拡大し続けた」と述べています。

経済分析局の第2四半期のGDPの事前見積もりが負の数を示している場合でも、ブログ投稿は、国が不況に陥る可能性が低いことを示しています。

同誌によると、「このデータに基づくと、今年の第1四半期のGDPの低下は、第2四半期のGDPの別の低下が続いたとしても、景気後退を示している可能性は低い」とのことです。

一方、インフレ率は6月に40年ぶりの高値に上昇し、9.1%に達した。

NBCニュースの「ミート・ザ・プレス」で、ジャネット・イエレン財務長官は、経済は不況ではなく、「成長が鈍化している」「移行期」にあると述べた。

バイデン大統領がインフレを「一時的」と呼んで以来、米国は13か月でコストの上昇を見てきました。

ジャネット・イエレン

ジャネットイエレン財務長官は、2022年6月8日、キャピトルヒルの歳入委員会で証言します。 (AP写真/ JoseLuis Magana、ファイル/ APニュースルーム)

「現在の雇用市場は非常に強いです」とイエレンは言いました。 「これは不況の経済ではありませんが、私たちは成長が鈍化する移行期にあります。これは必要かつ適切であり、着実かつ持続可能なペースで成長する必要があります。したがって、減速があり、企業はそれを見ることができます人々が今仕事をしていて、私たちが強い雇用市場を持っていることを考えると、それは適切です。

FOX BUSINESSの詳細については、ここをクリックしてください

共和党全国委員会 Will O’Gradyのスポークスマンは、Fox Business Networkに対し、景気後退が民主党の立法措置を修正しないことを「再定義」すると語った。

「ジョー・バイデンは回復を潜在的な不況に変えました。言葉を再定義しても、民主党員が1.9兆ドルを浪費し、アメリカ人のコストを押し上げたという事実を修正することはできません。また、バイデンと民主党員が家族が感じる痛みからどれほど離れているかを強調しています。」グレイディは言った。

READ  弱い工場データが需要の懸念を引き起こした後の油滴