2月 3, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ペルソナ 3 とペルソナ 4 の翻訳者はゲームのクレジットを残しました

スクリーンショット: ペルソナ4

いつ ペルソナ3ポータブルペルソナ4 ゴールデン それらは先週、新しいプラットフォームでリリースされました後者は初めて、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の字幕を備えているという事実について多くのことが言われました. これはヨーロッパのファンにとっては朗報でしたが、この偉業に最も責任を負っている人々は、当然の評価を得ていません。

先週、セガの元ローカリゼーション コーディネーターで、2022 年に退職した Katrina Leonoudakis (そして今、テレビで働いています)、私が一緒に働いたFIGS翻訳チーム(フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語)がゲームでの彼らの仕事に対して完全な信用を与えられていないという警告を鳴らしました.

これらのチームは、セガのパブリッシャーに直接雇用されていませんでした。 代わりに、彼らは、ゲームのローカリゼーション タスクを処理するアウトソーシング会社である Words Studios の請負業者および従業員でした。 ゲームのクレジットでは、ローカライズを担当する実際の作業員ではなく、上級スタッフのみがキーワードに含まれています。

「取り残されているのは、P3P および P4G ポート用にフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語の翻訳を作成した翻訳者、編集者、およびその他のローカリゼーション スペシャリストです」と Leonoudakis 氏は私に言いました。 これらの人々は、SEGA of America が Fig. のローカライズを作成するために雇った言語サービス プロバイダーである Words Studios の従業員および/または契約の下にあり、私は 2021 年から 2022 年 7 月に退職するまで、SEGA でこのタイトルのローカリゼーション コーディネーターを務めていました。私の仕事には、FIG チームと連絡を取り合い、プロジェクトに関する翻訳関連の質問に答え、質問や懸念事項を日本の開発者に伝えることが含まれていました。」

She says this isn’t an issue with Sega, who to their credit make “internal steps during credit creation to ensure anyone who’s touched a title is represented in the credits, even reaching out to every individual to make sure their name is spelled right”. Rather, she says the blame here lies with Keywords themselves. “Keywords has a ‘policy’ not to credit any contractors or localizers that work on a project, preferring to be credited as ‘Localization produced by Keywords Studios’, Leonoudakis says. “Unless SEGA’s producer, or Japanese developers, tell Keywords specifically that they MUST credit their contractors, they will not pass that information along.”

These are the only people credited for Persona 4 Golden’s Italian localisation, even though it took a whole team to actually translate and re-write the dialogue

These are the only people credited for Persona 4 Golden’s Italian localisation, even though it took a whole team to actually translate and re-write the dialogue
Screenshot: Persona 4

“I’ve been told by contractors who work at Keywords that they have been ‘forbidden to speak out about crediting’ and ‘low-key threatened’ about it”, she says. “They do sometimes credit their Project Managers, but not the contractors who actually write the text FIGS players read to play and enjoy the game. Given that Persona is an extremely dialogue and narrative-heavy game, the localization is crucial to the game experience for FIGS players.”

Keywords has not responded to a request for comment on these policies and omissions,.

Leonoudakis chose this moment to speak up because she’s fed up with what has become a pattern in the AAA games industry. “Localization teams may work on these games for months or years, often being paid very little, to zero credit”, she says. “Not only is it morally wrong, but it makes it harder for translators and localization professionals to find work later. If you can’t prove you did all the translation for a triple-A game, how can you put it on your resume?”.

これは業界全体で行われているのと同じ議論であり、私たちはそれについて広範囲に書いた. ビデオ ゲームのメジャー リリースにとって重要な人物は、そのゲームのクレジットから除外されます。 いつも、マイナーなパワーゲームから管理上の監視まで、さまざまな理由で. 言い訳がどうであれ、結果は同じです。あなたにゲームをもたらすために何年も費やしてきた人々は、彼らに値する公の感謝(および専門家としての認識)を逃しています.

「残念ながら、翻訳者はまだ多かれ少なかれ目に見えません」と Leonoudakis 氏は言います。 「優れた翻訳はスムーズで、サブタイトルのように読者にまったく読まれません。そのため、ゲームのローカリゼーションを作成する翻訳者、ライター、およびローカリゼーション スタッフにクレジットを与えることが非常に重要です。ゲーム開発者が利用したい場合彼らがゲームをローカライズしている分野で、彼らができることは、このすべての利益を可能にした人々に信用を与えることです.

READ  AppleのAmazonM1 Pro14インチMacBookProが最大249ドルオフ