7月 21, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ベン・アールは日本戦ではまったく異なるポジションでプレーしたが、うまくいかなかった

ベン・アールは日本戦ではまったく異なるポジションでプレーしたが、うまくいかなかった

元イングランド代表コーチのエディー・ジョーンズがベン・アールを後列8番でプレーするというアイデアを提案してから数年後、スティーブ・ボースウィックはついに東京での日本戦でその理論を実践した。

参加する RUCKのWhatsAppコミュニティはこちらです 最新ニュースをメッセージに直接送信してください。

メン・イン・ホワイトは7月6日土曜日にダニーデンでオールブラックスとの2連戦を開始し、その後来週末にオークランドへ移動する。

Telegraph は詳細な分析を提供しました イングランドの新チームでは、オリー・ローレンスがアウトサイドセンターに移動し、12番のベン・アールに代わった。

ゲッティイメージズから埋め込む

再シャッフルされた打線は3分も経たないうちに2トライを許した。 しかし、試合終盤にはすぐに自信を見せた。

彼らの現状分析の全文はここで読んでください。

イングランドは日本との試合をどのように終えたのか:

完全に戻る: ジョージ・ファーバンク (15)
右翼: トム・ローバック (23)
外側の中心: オリー・ローレンス (12)
センター内: ベン・アール (8)
左翼: ヘンリー・スレイド (13)
フライハーフ: フィン・スミス (22)
スクラムハーフ: ハリー・ランドール (21)
ルーズヘッドプロップ: ジョー・マーラー (17)
フッカー: テオ・タン (16)
タイトなプロップ: ウィル・スチュワート (18)
ロック: チャーリー・ユーエルズ (19)
ロック: ジョージ・マーティン (5)
ブラインドサイド:マロ・イトジェ (4)
オープンサイドサイディング: サム・アンダーヒル (7)
8番目: トム・カリー (20)

オールブラックス戦で失敗した5人のイングランド人選手と誰が代役を務めるべきか

イングランドは東京の暑さの中、エディー・ジョーンズのチームを破り、自信を持って夏のツアーをスタートさせた。 スミスのパフォーマンスは明らかにハイライトだったが、この試合には失望がなかったわけではない。

以下では、困難な状況でインパクトを残そうと奮闘した5人の選手を紹介する。

#1. チャーリー・イーウェルズ

ラック 5/10: 「65分、最初のトライを超えたとき、日本は自陣ポストのすぐ下にいた。セットプレーで堅実な仕事をし、イングランドは2トライを許したにもかかわらず、攻撃の強さを保った。72分、リーチ・マイケルはキャプテンの足元に危険な飛び込みをした」イングランドが14人で試合を終えたときのイエローカード(およびフィールド外の批判)は、オフフィールドレビューでパスマンの攻撃をレッドカードに引き上げ、軽減策はなく、リスクが高いことを示した。

エクスプレス 2/10: 「フォワードは66分にイングランドのベンチから出たが、その8分後にリーチ・マイケルに対する危険なタックルで退場となった。」

ラグビーパス 0/10: 「イングランドの5人目のフォワードは悪夢のような代役だった。66分にフリーマンの代役だったイーウェルズ(0)が、リーチ・マイケルの危険なクリアで7分後に警告された。」

代わりの: アレックス・コールズ

2ページ目に続く


READ  日本のTrialGP 2日目ではボウが2位、マルセリが4位だった。