3月 5, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ベトナムは中国、米国、日本との関係を改善している

ベトナムは中国、米国、日本との関係を改善している

2023 年後半、通常は大国政治のレーダーにわずかに映るベトナムが、数カ月の間に世界で最も強力な指導者 2 人を迎えたことで国際的な見出しを飾りました。 9月、ジョー・バイデン米国大統領の訪問は最高潮に達した 歴史的な取引 これにより、米国はベトナムにとって最高の外交的地位である「包括的戦略的パートナーシップ」に昇格した。この地位は、以前は中国、インド、ロシア、韓国のみに与えられていたものだった。

3か月後、中国の習近平国家主席はハノイでベトナム共産党指導者のグエン・フー・チョン氏と会談した。 両氏は海上警備、貿易、防犯などの問題で協力することで「共通の未来」を築き、戦略的関係を強化することを誓った。

これらの注目を集める訪問の間に、ベトナムとの別の包括的な戦略的パートナーシップが注目を集めませんでした。 それは日本との関係であり、国際的には最も注目されていないが、ベトナムの外交政策の将来を理解する上でおそらく3つの中で最も重要である。 ベトナムが大国の政治の標的にされることなく、経済的依存関係を多様化し、より幅広い国際主体との関係を構築することで独自の道を描こうとする中、日本は重要なパートナーとなっている。

ハノイ外交政策の重要な原則は、北京を敵に回さないことである。 ベトナムの最大の貿易相手国である中国は、歴史的にベトナムにとって受益者であると同時に挑戦者でもある。 1940 年代から 1970 年代までのフランス軍とアメリカ軍に対する抵抗期間中、中国政府は 重要なサポート お金、武器、顧問という形でハノイに。

でも、A 激動の時代 1979年、中国は中国の支援を受けたクメール・ルージュ政権に対する大量虐殺の「教訓をベトナムに教える」ためにカンボジアを侵略した。 短くも血なまぐさい国境戦争は中越関係を悪化させ、爪痕を残した 遺産 ベトナム国民の強い反中感情は、南シナ海における両国間の領土紛争によってさらに悪化した。

このような困難な歴史にもかかわらず、中国経済はベトナム経済を上回り、ハノイ経済は北京の周りを一周している。 ベトナムは中国政府と協力し、自国の利益を守ろうとするため、ここ数十年にわたり中国と不安定な踊りを続けている。

中国を怒らせることに対するハノイの恐れは明らかだった 最初の躊躇 ワシントンとの関係を改善する。 バイデン氏の訪問に先立ち、アンソニー・ブリンケン米国務長官が4月にハノイを訪問した際、ベトナム当局は国内メディアを締め付けた。 しっかりとした紐 米中緊張が悪化する中、中国政府の混乱を避けるためだ。

例えば、ブリンゲン氏とベトナムのファム・ミン・シン首相との会談に関する記事が掲載された。 トゥオイ トレベトナムの有力新聞 厳しく検閲されている 出版後。 そのタイトル、これ 引用 ブリンケン氏は「米国とベトナムの関係に太陽が輝いている」と述べ、ベトナムの検閲官の間で懸念を引き起こした可能性がある。 バイデン氏の訪問に関する報道も同様だった 気をつけて。 対照的に、習氏は歓迎した 乾杯 12月の訪問中に報道陣に取り上げられた。

中国政府は米越関係の改善を直接批判していないが、中国外務省の毛寧報道官はパートナーシップが存在する可能性を示唆した。 反映する 同声明は米国に対し、「冷戦時代の考え方」を採用し、安定と発展を求めるアジア諸国の願望を尊重するよう求めた。

日本と緊密に連携するというベトナムの決定は、同じ警鐘を鳴らすものではない。 日本は米国とは異なり、中国に対する積極的な封じ込め戦略を追求していない。 日本と中国の関係は歴史的に緊張しており、現在は地域紛争が目立っているが、両国は最近、 努力した 関係を改善し、紛争を回避し、地域の安定を維持します。

日本はまた、ベトナムのインフラ問題に対する解決策も提供している。 現在、ベトナムは必要不可欠なものを中国の投資に依存している インフラプロジェクト。 ベトナム政府関係者と民間人がいる 懸念を表明 遅延、コスト超過、手抜き工事により中国の請負業者に損害を与えている。

ハノイの猫、リン・ハ・ドンを例に挙げましょう。 地下鉄線、中国の融資によって資金調達され、中国の請負業者によって建設されました。 当初、この路線は 2013 年に完成する予定でしたが、大幅な遅延とコスト超過に加えて、建設関連の事故や安全上の懸念にも直面しています。 そんなことは起こらなかった 実行可能な 2021年まで。

さらに、ある国では、 反中感情 ハノイは深刻な恐怖に陥っている 大衆の憎悪 ベトナムは、中国の一帯一路構想(BRI)に基づくインフラプロジェクトへのさらなる資金受け入れに慎重だ。 一帯一路に対するある程度の外交的支持を示しているにもかかわらず、ベトナムは依然として中国の投資への過度の依存に警戒している。 借金の罠 そして北京との緊密な関係の戦略的意味。

日本の投資により、ベトナムの中国への依存度は徐々に低下する見通しだ。 日本はベトナムにとって重要な国の一つです 取引パートナー そして主要な海外投資源でもある。 パートナーシップの強化以前から、日本は資金提供と主要な支援において重要な役割を果たしてきた インフラプロジェクト都市鉄道の近代化、高速道路の建設、深海港の整備等

しかし、強化された戦略的パートナーシップの一環として、日本は、質の高いインフラプロジェクトへの投資に重点を置き、ベトナムとの経済・防衛協力をさらに強化することを約束した。 不可欠 ベトナムの経済発展と地域連結性の枠組みへの統合。

ワシントンも 彼が約束した パートナーシップ強化の一環としてベトナムの発展に投資する。 しかし、米国のベトナムへの投資は、多額ではあるものの、ベトナムの物理的インフラに対する差し迫ったニーズに直接対処する傾向はない。 その代わりに、米国は通常、農業、人権、気候変動、健康などの分野の長期的な開発に資金を提供している。

米国の支援は最終的にベトナム経済に重大な影響を与える可能性がある。 バイデンの訪問中、ワシントンはハノイとの提携を発表した 可能性を探る ベトナムは、世界的な半導体エコシステムを育成するために、独自の半導体産業の発展を目指しています。 もっとある 定義済み これに対する米国の公的資金は、CHIPS and SCIENCE Act を通じて利用可能であり、最近では米国のチップメーカー Intel によって提供されています。 一時停止中 ベトナムへの多額の投資。 インテルは理由を明らかにしなかったが、関係者はロイターに対し、同社が官僚主義と電力供給を懸念していると語った。

米国がどのように物語を組み立てようとするかに関係なく、ベトナムに対する米国の戦略的焦点は、この地域における中国の影響力に対抗する取り組みの一環である。 ベトナムは自国の主権を堅持しており、大国の政治に巻き込まれることを避けたいと考えている。 ハノイは、安定を維持し、えこひいきを避け、地域の力関係の変化によってもたらされる機会をつかむために、慎重な外交的バランスをとることに依存している。

結局のところ、それは世界的な巨大勢力との関係改善ではなく、むしろベトナムの将来を指し示す可能性のある日本との平和的パートナーシップなのだ。 これは、ベトナムが米国政府と中国政府の見解を尊重していないと言っているわけではない。 しかし何よりも、ベトナムは成長、安定、そしてパワーゲームよりも自己決定の安定したリズムを高く評価している。 日本との関係は、重要な関係を強化することでこれを達成するための包括的な戦略の一部となっている。 地域のプレーヤー。 (ベトナム 期待される (今年、オーストラリアとの包括的な戦略的パートナーシップを構築する計画であり、シンガポール、オーストラリア、インドネシアとも同様のパートナーシップを検討中です。)

ハノイの外交政策は長年にわたって柔軟かつ現実的であったが、その外交戦略は現在、 招待されました トラン氏の言葉を借りれば、「竹外交」は近年、「より多くの友人を作り、より少ない敵を作る」ことを優先するように進化している。 これは単に大国間の競争に対する反応ではありません。 むしろ、それは、超大国だけでなく、さまざまな世界的主体が地政学的な物語を形成する、ますます多極化する世界を乗り切るためのこの国の計算された努力の一環である。

READ  僕のヒーローアカデミアシーズン6OVAが日本に到着