10月 7, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヘリポートの上を移動、日本は空飛ぶ車をホストできる超高層ビルに「着陸パッド」を建設中

日本航空 (JAL) は、三菱地所および兼松株式会社と協力して、2024 年に日本初の有人飛行車の試験飛行を行う予定です。

最速のスーパーコンピューターよりも高速な脳細胞を利用した AI テクノロジーは、倫理的および政治的懸念を引き起こします

三菱地所がある が選択されました 東京都のアーバン ウィンド モビリティ (UAM) プロジェクトのオペレーターとして、東京の丸の内ビジネス地区にある三菱地所の超高層ビルは、その一部としてパッド サイトとして使用できます。

さらに、不動産デベロッパーは郊外の駐車場を所有しており、検討中です。

日本政府は、2030年までに電動垂直離着陸(eVTOL)エアタクシーと重量貨物貨物ドローンを完全に商用化することを目指しています。

同社は、2025 年の大阪万博中に最初の商用 eVTOL フライトを開始するという目標を設定しました。

空飛ぶ車は高層ビルを離陸および着陸のパッドとして使用できます。 (経済産業省)

eVTOL 業界のいくつかのプレーヤーは、2025 年の大阪万博でエア タクシー/エアカーの発売を計画しています。

eVTOL 車両は、空港と観光地の間の訪問者に代替交通手段を提供することで道路交通量を削減し、それによって柔軟なモビリティ ソリューションを提供することが期待されています。

日本に本社を置く矢野経済研究所によると、世界の eVTOL 空飛ぶ車市場の価値は 2050 年までに 9,000 億米ドルを超えると予測されています。

三菱地所は、屋上と駐車場を離着陸場として eVTOL 事業者にリースする予定です。 東京にとどまらず、名古屋、大阪へと事業を拡大することを目指しています。

また、三菱地所は、これらの空飛ぶ車のパッドの周辺地域に住宅、商業、商業施設を開発する予定です。

ボロコプター社

報告によると、ドイツの航空機メーカーJALが所有する航空機であるVolocopter GmbH(旧E-Volo GmbH)が検討されています。

会社 ホールド 2011 年には、Volocopter VC1 プロトタイプと呼ばれる「電動マルチコプター」の最初の無人航空機のギネスブックに登録されました。

2020年9月、JALとボロコプターが契約 合意 日本でのフライト オペレーション サービス、特に Volocopter の eVTOL 技術のビジネス チャンスを共同で模索する。

Volocopter は、3 種類の eVTOL プラットフォームを提供しています。 Volocity と Volo Connect の 2 つはエア タクシーで、Volodron は重量物を運ぶ無人ドローンです。

Volocity (ボロコプター)

ボロシティは 18ローターVTOL機 約35キロ、最高速度は時速約100キロ。 バックパック、ブリーフケース、財布などの軽い荷物を含めて、2 人の乗客を運ぶことができます。

ボロコネクトは 固定翼機 2 つのプロペラ ファン、6 つの電気モーター、ローターで動作します。 最大飛行速度は時速 250 キロメートル、巡航速度は時速 180 キロメートルで、100 キロメートルの距離を 4 人の乗客を運ぶことができます。

VoloConnect - 飛行中のコミュニティをつなぐ
VoloConnect (ボロコプター)

VoloDrone は配信するように設計されています 重量物運搬サービス 従来の輸送方法は、特に起伏の多い地形では、さまざまな業界で限界に達しています。 最大200kgの荷物を運ぶことができ、航続距離は40km。

これらのプラットフォームに加えて、Volocopter は、エア モビリティ運用のための物理的およびデジタル インフラストラクチャとして、「VoloPorts」と VoloQ を提供しています。

Volocopter は、JAL が 2021 年の eVTOL 航空機 100 機を予約したことを確認しました。これには、Volocity エア タクシーと Volotron 貨物車両が含まれます。

日本の他のエアタクシープレイヤー

Volocopter とは別に、JAL は英国を拠点とする航空機リース会社 Avolon とも戦略的パートナーシップを結んでいます。 購入またはリース 垂直型 VA-X4 eVTOL 航空機 50 機、さらに 50 機を購入またはリースできます。

VA-X4(2021年12月10日よりVX4に名称変更) 5人乗りエアタクシー 英国ブリストルを拠点とする新興企業、Vertical Aerospace Ltd. によって設計および構築されました。

4人の乗客を運ぶことができ、独立したラゲッジコンパートメントがあります。 航空機は時速 241 km に達することができ、航続距離は 161 km です。

また、2月には日本最大の航空会社である全日本空輸(ANA)が、 発表された計画また、カリフォルニアに本拠を置く空飛ぶタクシーのスタートアップである Joby Aviation は、空港から市内中心部への空飛ぶタクシー サービスを開始する計画を発表しました。

外資系企業とは別に、日本のスタートアップである SkyDrive Inc. 2025年の大阪万博に先立ち、空飛ぶ車を打ち上げる計画だ。 同社は2020年に日本初の無人機の公開試験飛行を行った。

READ  イームズオフィス:アイゼンハワー東京での80年のデザイン