4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヘッジファンドは日本で儲ける必要がある

ネル・マッケンジー、カロリーナ・マンデル、サマー・ジェン著

[ロンドン 2日 ロイター] – 他の主要国がインフレ抑制のため金利を引き上げる中、日銀は長期にわたるマイナス金利政策を間もなく終了すると予想されている。

インフレ率はここ1年以上で2%を超えており、市場は4月までに日銀が交代すると予想している。 しかし不確実性は依然高く、日銀の上田和夫総裁は先週、インフレ率が目標を維持すると結論付けるのは時期尚早と述べた。

日本株は1989年のピークを超えて過去最高値を更新している一方、円安は依然として続き、経済は昨年景気後退に陥った。

4つのヘッジファンドが日本のトレード方法について4つのアイデアを共有している。 彼らの見解は推奨事項や取引ポジションを表すものではなく、規制上の理由により開示することはできません。

1/ グラハム・キャピタル・マネジメント

※体系的かつ集中的に管理されるマクロ経済ファンド

*規模: 180億ドル

※1994年設立

* 主要な取引: 日本株、特に銀行のロング

グラハムCIOパブロ・カルデリーニ氏は、日銀が政策を正常化する中、主に日本の銀行株を支持している。

カルデリーニ氏は、長期債の利回りが短期債よりも大幅に高くなるイールドカーブのスティープ化から銀行が特に恩恵を受ける可能性が高いと述べた。

銀行は短期で借り入れ、長期で高い金利で貸し出します。 同氏は「日本の金融政策は銀行にとって逆風となってきたが、今後は追い風となるだろう」と述べた。

日本の銀行株指数は年初から22%上昇しており、日経平均株価とほぼ一致している。

2/ BluePay 資産管理

* マクロ経済金融

*規模: 4,320億ドルのRBCグローバル・アセット・マネジメントの一部

※2001年設立

※主な取引は日本国債のショート

ブルーペイ・フィクスト・インカムのCIOであるマーク・ダウディング氏は、日本国債(JGB)の空売りを支持しており、日本国債の利回りは上昇すると予想している。

同氏は「企業の堅調な収益力に支えられて賃金インフレが上昇し続ける中、日銀は今後数カ月以内に利上げし、その後再び2024年に向けて、年末までにキャッシュレートが0.50%に上昇すると予想している」と述べた。 言った。

日銀は現在、短期金利をマイナス0.1%で誘導している。

ダウディング氏は、賃金引き上げを待って政策の動きを保留していると述べた。 同氏は、日本の最大手の雇用主が年間賃金の決定を発表する来る3月の「春闘賃金ラウンド」後に賃金が約1%上昇すると予想している。

上田氏は賃金の観点からさらなるデータを検証する必要性を強調した。

日本の2年債利回りは先週、13年ぶりの高水準を記録した。 それでも、2年債利回りはわずか0.18%で、米国の同利回りよりも低い。

3/ 無制限の資金

※ETFを通じてヘッジファンド戦略を再現する投資会社

* 金額: 6,800万ドル

※2022年設立

※主な取引:円ショート・米ドルロング、日本株ロング

アンリミテッドの最高情報責任者(CIO)ボブ・エリオット氏は、経済成長がなかなか加速しない中、日本の金利はゼロ付近にとどまるとみている。

エリオット氏は「日本は大方の予想よりも長期間、かなり緩和的な金融政策を運営しなければならないだろう」と述べた。

これは、円がドルに対してさらに下落する可能性があることを意味すると同氏は述べた。

逆に、国外の強い通貨で収益を上げているグローバルな日本企業にとっては利益を押し上げる可能性があり、環境は良いかもしれないと同氏は述べた。

円は今年これまでのところ対ドルで最もパフォーマンスの悪い通貨となっており、6%下落し1ドル=150円となった。

4/ ユニオン・バンケア・プリヴェ – ユー・アクセス・ロング/ショート・ジャパン・コーポレート・ガバナンス・ファンド

* 日本株ロング/ショートヘッジファンド戦略、市場中立、ガバナンス重視

*規模:約1億ドル、1,600億ドルのUBPのほんの一部

※2020年設立

* 主要な取引: 優良日本企業のロング、中国エクスポージャーの大きい日本企業のショート

UBPインベストメンツのシニアポートフォリオマネージャー、ズハイル・カーン氏は、日経225とTOPIX100の最大手企業が今後も市場をリードすると信じている。

最近の上昇にもかかわらず、海外投資家は依然として日本をアンダーウエートにしているとカーン氏は指摘した。

「これらの投資家の(多くは)日本市場に初めて参入するため、大型株、流動性の高い優良株に注目している」と同氏は付け加えた。

為替データによると、海外の日本株保有額は3年間純流出を経て、昨年9年ぶりの高水準に達した。

カーン氏は、アクティビストの標的となる現金が豊富な企業も魅力的になる可能性があり、特に経営陣がその余剰資金で買収を追求する場合には魅力的になる可能性があると述べた。

一方、中国経済の弱さを考えると、中国からの需要に依存している企業はショートポジションの有力な候補になるだろうと同氏は述べた。

(ロンドンではネル・マッケンジー、香港ではサマー・ジェン、ニューヨークではキャロライナ・マンデルがレポート;タラ・ラナシンハとクリストファー・クッシングが編集)

READ  アメリカの関心がないため、秋山翔子が帰国