6月 13, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

プールステージ後にポーランド代表が母国で激突し、チリが日本に衝撃を与える

プールステージ後にポーランド代表が母国で激突し、チリが日本に衝撃を与える

スペインで開催されたFIH女子ネーションズカップでは、チリが日本を破って2023/24年のオリンピック出場を決め、熱狂的な祝賀会が巻き起こった。

ベスト4に残ったのは、カナダを破ったニュージーランドと、韓国を圧倒したアイルランドだった。 すでに出場権を獲得しているスペインは、イタリアとの最終戦に勝利し、プールAの首位に立った。

FIH ホッケー男子ネーションズカップ ポーランド 2023/24 では、南アフリカが韓国を破り、ポーランドがオーストリアに敗れた恩恵を受けました。

【女子】ニュージーランド 2-0 カナダ

ニュージーランドはテラスで行われたグループBの最終戦でカナダに2-0で勝利し、準決勝進出を決めた。 ミーガン・ハルのペナルティコーナーがアレクシス・ダルマンのスティックに当たり、チームが優位を確立するまでに要した時間はわずか4分だった。

ブラック・スティックスは試合のポゼッションとコントロールにおいて優れており、カナダのゴールキーパー、ローワン・ハリスとディフェンダーは前半にスコアラインを維持しなければならなかった。 後半の立ち上がりが遅れた後、ニュージーランドは非常に重要な2点目を獲得し、ジェシー・アンダーソンがそれをハンナ・コッターに決めてゴールさせた。

マン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞したニュージーランドのオリビア・シャノンは、もっと得点できたはずだと感じ、「得点する必要があったし、積極的にプレスをかけなければならなかった。そのチャンスをものにできなかったのが残念だ」と語った。このまま準決勝まで進んで次の試合に進むことができる。

【女子】チリ 2-1 日本

チリはFIHホッケー女子ネーションズカップで日本を2-1で破り、第1回大会7位からベスト4に進出した。 第1クォーターはいつもの攻撃スタイルとは異なり、両者とも慎重なスタートとなった。 続く15回、チリはパウラ・バルディビアが日本の守備陣を悩ませ、さらに勢いを増した。 21分にペナルティコーナーのチャンスを獲得し、規定のペナルティストロークが与えられた。 フェルナンダ・アリエッタがキーパーの逆を突いて先制した。

その1分後、ロス・ディアブロスが再びペナルティコーナーを獲得し、デニス・ロハス・ロサダのシュートを並外れたテクニックでセーブしたが、日本がラインをクリアできなかったために、ジョセファ・サラスがすぐに決めた。 後半に入っても日本のペースはほとんど変わらず、右サイドからの田中沙紀のパスを森花音が飛び込みフィニッシュして1点を引いた。 瀕死の瞬間にもペナルティコーナーの連続が続いたが、チリの精力的な守備により名高い勝利を収めた。

チリのドミニカ・アナニアスは傑出したパフォーマンスで最優秀選手賞を受賞し、次のように述べた。 これは今日では良い戦略です。 インドでは日本に負けた。 なので、自分たちがやりたいことをやるのにぴったりだったと思います。

【女子】アイルランド 4-0 韓国

アイルランドは韓国に4-0で勝利し、見事プールステージを終え、準決勝に進出した。 アイルランドがいくつかのチャンスを作り、3つのペナルティコーナーを獲得したにもかかわらず、序盤は大きな動きはなかった。

ハンナ・マクローリンがペナルティーコーナーを完璧に決めて、27分に均衡はついに破られた。 彼らはテンポを上げ、すぐに次のペナルティコーナーを獲得しました。 今度はエレナ・ニールのシュートがサラ・ホークショーに弾かれて前半を終えた。

コーラのために素晴らしいセーブを見せたキム・ウンジについて言及しないのは不公平だろう。 パク・スンゲの守備ミスでアイルランドが3点目を獲得した。 キャスリン・マレンがそれを打ち破った。 4点目、そして最後のゴールは終了間際のロイシン・アプトンのペナルティコーナーから生まれた。

アイルランドのキャスリン・ミュランが最優秀選手に選ばれ、彼女のチームメイトは賞賛を浴びた。 彼女は、「この素晴らしい女性グループの人格と立ち直りは驚異的です。私たちが毎日どうやって行動してきたかが、今日の成果につながっています。私はこの女性たちをとても誇りに思います。」と語った。

【女子】スペイン 3-1 イタリア

スペインはイタリア戦で楽勝し、3-1で勝利してプールAの首位に立った。 予想通り、ホストチームが試合を支配したが、先制点を決めるまでに18分かかった。 コンスタンツァ・アムンセンは、ローラ・リエラが動き始め、ルシア・ヒメネスがアムンセンにとって特別なゴールを決めた印象的なペナルティーコーナールーチンの後、代表初ゴールを決めた。

すでに準決勝進出を決めているため、スペイン人には大きなプレッシャーはないが、それほど真剣には考えていない。 5分後、ローラ・リエラが再びペナルティコーナーを決めて2-0とした。 ローラ・バリオスは38分にペナルティコーナーで3点目のゴールを決め、疑いの余地のない決定を下した。 しかし、イタリア人は最後の瞬間にマリア・ルンジのゴールで1点を返し、クリーンシートを達成することはできなかった。

ローラ・バリオスはマン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞し、優​​勝候補としてプレッシャーは感じていないと語った。 「我々の目標は準決勝だったので、3勝できて良かったです。」

(男子)南アフリカ 2-0 韓国

ポーランドで行われた決勝では、南アフリカが前半2-0で韓国に勝利した。 ポーランドはオーストリアに敗れ、得失点差で準決勝進出を決めた。

第1クォーター中盤は両チームとも意味のある攻撃ができず、この傾向は15分が経過するまで続いた。 南アフリカも韓国も守備を優先しており、この試合を特別なものにしたいと考えていた。

双方にとって大きな賭けにもかかわらず、前半の終わりにはチャンスはほとんどありませんでした。 しかし、第3Qに2本のフィールドゴールがうまく決まり、南アフリカは勝ち点3すべてを獲得した。 まずは38分にキャプテンのキーナン・ホーンが右上隅にシュートを放ち、その後ライアン・ジュリアスが左隅に2本目を決めた。

南アフリカ代表キャプテンのキーナン・ホーンは、マン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞した後、批評家たちを黙らせた。「最初の2試合の後、人々は我々についてあまり良いことを言っていなかったと思う。 必要なときに仕事をやり遂げたし、今日の選手たちの良いパフォーマンスだったと思います。

(男子)オーストリア 2-1 ポーランド

ポーランドはFIHホッケー男子ネイションズカップ決勝プールAのホーム戦でオーストリアに2-1で敗れ敗退した。

ホストチームは第1Qで好スタートを切ったが、2分にミコライ・クロヴァツキが惜しくもゴールを外した。 ポーランド人は攻撃を続けてオーストリアの最終ラインを沈黙させ、20分にヤクブ・ホロジニウクがキーパーを破ってゴールに押し込んだ力強いシュートで突破口を開いた。

後半は、フロップ・ロゾンジがスポットゴールからノーミスを決め、オーストリアがペナルティストロークを獲得し、ポーランドにとって想像を絶するスタートを切った。 その4分後にはマクシミリアン・スコールズがペナルティコーナーからゴールを決めてリードを奪った。 その後は両チームにチャンスがあったものの、スコアは変わらず。

マン・オブ・ザ・マッチ賞を受賞したオーストリアのキャプテン、ファビアン・ウンターキルヒャーは「勝利した後は信じられないほどの気分だった。 それはやるか死ぬかのゲームです。 誰も私たちに何も期待していなかったことが、私たちにとって大成功でした。」と彼は言いました。

FIH ホッケー女子ネイションズカップの現在の順位については、 ここをクリック

FIH ホッケー女子ネイションズカップ – 2024 年 6 月 6 日

エスタディオ マルティ コロマール、テラザ、(ESP)

結果:第9試合(勝)

ニュージーランド 2-0 カナダ

マン・オブ・ザ・マッチ:オリビア・シャノン(NZL)

主審: ラマ・ポトニス (IND)、ロージン・デ・クロッカー (NED)、マリアナ・ライト (ARG-Video)

結果:第10試合(勝)

チリ 2-1 日本

マン・オブ・ザ・マッチ:ドミニカ・アナニアス(CHI)

主審: メリッサ・テイラー (RSA)、マリアナ・ライト (ARG)、ラマ・ポトニス (INT-VIDEO)

結果:第11試合(勝)

アイルランド 4-0 韓国

マン・オブ・ザ・マッチ:キャサリン・マレン(IRL)

主審: ソフィー・ボッケルマン (GER)、ジェマ・カルデロン (ESP)、タマラ・レナード (AUS-ビデオ)

結果:第12試合(勝)

スペイン 3-1 イタリア

マン・オブ・ザ・マッチ:ローラ・バリオス

主審: キャシディ・ギャラガー (AUS)、タマラ・レナード (AUS)、リゼット・バルジョン (NED-Video)

FIH ホッケー男子ネイションズカップの現在の順位については、 ここをクリック

FIH ホッケー男子ネイションズカップ – 2024 年 6 月 6 日

ホッケー スタジアム – ナイズノ、(POL)

結果: 第 15 試合 (M)

南アフリカ 2-0 韓国

マン・オブ・ザ・マッチ:キーナン・ホーン(RSA)

主審: フェデリコ・シウバ (ARG)、マイケル・デュトリユー (BEL)、ポール・ヴァン・デン・アッサム (NED-ビデオ)

結果:第16試合(M)

オーストリア 2-1 ポーランド

マン・オブ・ザ・マッチ: ファビアン・ウンターキルヒャー (AUT)

主審: Haroon Rashid (PAK)、Harry Collinson (ENG)、Benjamin Peters (USA-VIDEO)

READ  トレーダーが比率の方向に手がかりを待つ間、ユーロ/ドルは水に浮かんでいます