4月 14, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブルームバーグは、米国の鉄鋼取引に関連して日本の新日本製鉄中国の資産が精査されていると報じた。

ブルームバーグは、米国の鉄鋼取引に関連して日本の新日本製鉄中国の資産が精査されていると報じた。

[ロイター] – ブルームバーグ・ニュースが木曜日、関係者の話として報じたところによると、バイデン政権は日本企業による米国のライバルUSスチール買収計画と日本製鉄の中国との関係を調査しているとのこと。

報告書によると、政権は米国産業の保護を優先事項と考えており、新日鉄の中国へのエクスポージャーを懸念しているという。

報告書は、新日鉄の中国資産が対米外国投資委員会(CFIUS)の審査の対象となるかどうかは不透明だとしている。

世界第4位の鉄鋼メーカーによる149億ドル規模のUSスチール買収契約は、一部の民主・共和党議員や有力な全米鉄鋼労働組合から批判を呼んでいる。

ホワイトハウスは、政権が国家安全保障にとって重要と考えている米国の鉄鋼生産における同社の役割を考慮して、この取引を「精査する」と約束した。

新日鉄はロイターの取材に対し、中国での事業は非常に限られており、同社の世界生産能力の5%未満であると述べた。

「世界の鉄鋼市場におけるUSスチールの競争力を向上させ、主に中国に起因する業界の過剰生産と過剰生産能力の問題に対処する」と付け加えた。

(カンナギ・デカとチャウラシス・ボーズによるバンガロール取材;シャイレシュ・クバー編集)

READ  旧日本での生活のために10年を探しました。 山口詐欺