2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブルーグラウンドが日本での権利契約を発表

ブルーグラウンドが日本での権利契約を発表

アメリカ / 日本: フレキシブルなレンタルオペレーターを完備 ブルーグラウンドが初のフランチャイズ契約を締結 三菱地所株式会社 日本で自身のブランドを確立すること。

このフランチャイズ契約は、32 都市にある既存の 15,000 戸のアパートを超えて同社の存在感を拡大することを目的とした、BlueGround の新しい戦略的パートナーシップ モデルに不可欠なものとみなされています。 不動産開発業者の三菱地所は、日本の主要都市に13,000戸の家具付きアパートの広範なネットワークを展開する。

2013 年に設立された Blueground は、個人および法人顧客向けの 30 日以上の滞在向けの家具付きレンタルの世界最大のネットワークを運営していると主張しています。 三菱地所との提携により、両社は未来の生活を再定義し、地球市民の進化するニーズを満たすよう設計された宿泊ソリューションを提供することを目指しています。

BlueGroundのCSO兼最高戦略的パートナーシップ責任者のクリストス・ミシレディス氏は、「このような著名なパートナーとともにBlueGroundを日本に導入できることをうれしく思う。三菱地所の日本市場に対する比類のない理解と、当社の革新的な技術と柔軟な対応の専門知識が、この成功を保証する」と述べた。新しいプロジェクト。

「私たちは三菱地所と協力して、日本での適切な中長期滞在の新たな基準を確立し、ゲストにユニークで比類のない生活体験を提供したいと考えています。」と彼は付け加えた。

三菱地所株式会社の最高経営責任者(CEO)である加藤博文氏は「ブルーグラウンドとのライセンス契約の締結を発表できることをうれしく思う。ブルーグラウンドと三菱地所グループの専門知識とリソースを活用して、東京で世界中からのゲストに格別な体験を提供できることに興奮している」と語った。そして日本全国へ。

日本での市場投入に備えて、ブルーグラウンドは過去 10 年間に開発、改良されたターンキー機器を三菱地所に提供しています。 三菱地所は、オペレーティング システム、動的価格設定モデル、ゲスト アプリケーションなど、Blueground の独自技術にアクセスできるようになります。

ブルーグラウンドは暫定期間中に、三菱地所とすべてのフランチャイズパートナーに今後も継続的なサポートを提供する専門の導入チームを設立したと述べた。

2022 年と 2023 年に、Blueground は戦略的成長の一環として 3 社を買収し、プロップテックのスタートアップである Tapas を含め、その存在感を世界的に拡大しました。 [Brazil]トラベラーズ ヘブンはオンデマンドの住宅プロバイダーです [US]そして、ぴったりのレンタルサイトNestpick [US]。

READ  好調:新幹線のフードカートは日本の最新の必需品 | 日本