4月 20, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブラックロックのラリー・フィンク氏、差し迫った退職危機を警告、「LifePath Paycheck」を発表

ブラックロックのラリー・フィンク氏、差し迫った退職危機を警告、「LifePath Paycheck」を発表

ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は火曜日、政府と民間部門に対し、米国人に十分な老後資金を確保するよう要請し、世界最大の資産運用会社が来月、この問題に対処するための商品を発売すると述べた。

LifePath Paycheck は 4 月に開始され、退職金制度のスポンサー 14 社が確定拠出制度として 50 万人の従業員に利用できるようにすることを目指しています。

フィンク氏は投資家に宛てた年次書簡の中で「将来の世代が尊厳を持って最後の年を過ごせるよう、米国は組織的でハイレベルな取り組みを必要としている」と述べた。


ラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は投資家に宛てた年次書簡の中で、「将来の世代が尊厳を持って最後の年を過ごせるよう、米国は組織的でハイレベルな取り組みを必要としている」と述べた。 ブルームバーグ

ブラックロックは昨年末の運用資産総額が10兆ドルを超え、米国最大の年金基金を監督している。

フィンク氏によると、2022年に国勢調査局が実施した消費者金融調査のデータによると、55歳から65歳のアメリカ人のほぼ半数が個人退職金口座に1ドルも貯蓄していないと報告しているという。

「簡単に言えば、ほとんどの人にとって、確定給付型から確定拠出型への移行は、財務上の確実性から財務上の不確実性への移行であった」と同氏は付け加えた。

フィンク氏はまた、「エネルギー安全保障」に焦点を当てて気候変動を主要な経済動向として取り上げ、ほとんどのブラックロック顧客にとってネット・ゼロが引き続き最優先投資であると述べた。

近年、気候変動への意識と持続可能なビジネス慣行に対する投資家の関心が高まっており、インパクト投資の勢いが高まるにつれ、資産運用会社は環境、社会、ガバナンス(ESG)政策を検討する必要に迫られています。

「私は2020年に政権移行について書き始めた。それ以来、この問題は米国でさらに物議を醸すようになった」と彼は語った。


ブラックロックブランド
ブラックロックは昨年末の運用資産総額が10兆ドルを超え、米国最大の年金基金を監督している。 クリストファー・サドウスキー

ブラックロックの環境、社会、ガバナンス(ESG)政策は、特に共和党州で依然として議論の対象となっている。

今月初め、テキサス学校基金はブラックロックが化石燃料エネルギー生産会社をボイコットしているとして、約85億ドルの州資金を管理するブラックロックとの契約を終了した。 ブラックロックはファンドマネージャーに再考するよう促した。

READ  S&P 500は、2021年3月以来初めて4,000未満で終了します。 成長株は減少につながる