12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブラックフライデーの爆発:アメリカのショッピング時代を受け入れる日本の小売業者

ブラックシルバーの販売は最近日本で定着しており、国内の小売業者は、昨年のCOVID-19の流行に続く販売の低迷を受けて、今年は顧客が買い物に行くと予想しています。

日本の小売業者は、米国の感謝祭の翌日、新興国でのホリデーショッピングシーズンの非公式な始まりを示す2016年頃にブラックシルバーを受け入れ始めます。金曜日は今年のブラックシルバーの販売シーズンの始まりであり、主要なブランドや小売業者が出店しています。全国のお客様へ。ウェブサイトを誘致するための販売キャンペーンを再開しました。

たとえば、Amazon Japanは、金曜日から12月2日まで、サイトに特別なランディングページを設定し、衣料品や食品から家電製品に至るまで、数十万の商品を割引価格で提供します。

アマゾンジャパンの消費者調査によると、多くの人がエピデミック対策に不満を持っており、自分自身をうまく治療したいと思っています。

アマゾンジャパンのキャンペーンを統括する鈴木浩二氏は、次のように述べています。

一方、楽天市場、楽天株式会社このオンラインショッピングサイトは、11月18日から火曜日(11月23日)までサイトで買い物をした顧客に追加のポイントを提供しました。 また、ビデオを見た顧客にクーポンを提供するライブストリーミングイベントを通じていくつかの製品を紹介しました。

三越伊勢丹ホールディングス株式会社 11月10日から月曜日(11月29日)まで、オンラインショッパー専用のブラックフライデーキャンペーンを開始しました。 デパートは昨年、流行のために実店舗を訪れることができなかった顧客にリーチするために、最初の黒と銀のキャンペーンを開始しました。 高品質の商品を販売する場合、店員はその使用を通じて顧客にアプローチします。

ブラックシルバーはビジネスストアでも販売されています。

スーパーマーケットの大手チェーン事業者であるイド・ヨカトは、昨年11月17日から14日間、全国130店舗で販売を開始した。

小売業イオン株式会社 11月19日から約10日間、全国約500のスーパーで販売され、スーパーオペレーターの西友の9日間の販売は土曜日に始まった。 西友の約230点の商品は、食料品や日用品を含めて平均13%の割引を受けられます。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  フィギュアスケート| 三浦佳生と島田真央がパワフルなパフォーマンスで日本ジュニアタイトルを獲得