9月 19, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ブドウを選ぶ

日本製のブドウの人気が高まるにつれ、農家は常に改良された品種を考え出そうとしています。 シャインマスカット、種なしブドウ、皮、そしてすべての食用キノコは、高価であるにもかかわらず売れ行きが良い。

主にアジアへの輸出の急増

日本で生産されたブドウの輸出は2014年以来急速に伸びています。 2018年には、過去最高を記録しました。 香港、台湾、シンガポールなどの主要な輸出先が半分以上を占めており、ペオンやシャインマスカットなどの魅力的な果物が豊富な品種がギフトとしてよく売れています。 輸出をさらに増やすために、果実はより長く新鮮なままで、ブドウの木から落ちる可能性が低い品種で成長し続けます。

好きな品種は時間とともに変化します

ブドウは赤、黒、緑が特徴です。 デラウェア、コーショ、カイジは赤い品種を指します。 巨峰とパイ中間子は有名な黒人の品種です。 そして、シャインマスカットとナイアガラは人気のあるグリーンです。

過去には、日本のブドウ栽培地のほぼ半分が赤の品種であり、デラウェアが主な品種でした。 その後、黒品種の京河はシェアを拡大​​したが、2003年にピークを迎えた後、耕作地の量は減少し始めた。 今、緑の光沢のある輝きはマスカットのスピードを上げています。 種なしの大きな葡萄は、食用の皮で食べやすいので、子供からお年寄りまで大人気です。 また、皮は薄いですが、崩れにくく、長時間さっぱりしていて、メーカーからも人気があります。 このタイプは2006年に登録され、それ以来、耕作される土地の量は年間20%以上増加しています。

シャインマスカット:高価ですが、売れ行きは良い

価格は常に問題ですが、パイ中間子やシャインマスカットなどの人気のある品種は、デラウェアや巨峰に比べて卸売価格が高くなっています。 Kyoは1キロあたり25,254で、Delaware0は1,030で販売されています。 対照的に、パイ中間子は1,332で、シャインマスカットは12 2,123です(2020年の価格、東京都中央卸売市場)。 2019年、シャインマスカットは市場シェアを獲得した最初のブドウとして京葉を上回り、高価格にもかかわらず売れ行きが良かったことを証明しました。

全体的な果物の生産量は減少していますが、ブドウの生産量は急増しています。 毎年、温州みかんとリンゴ(最も人気のある果物)のギャップは2018年に、ブドウはみかんに次ぐ2位に上昇しました。 シャインマスカットに触発されたブドウの効果は、力から力へと変化する可能性があります。

(日本語訳。バナー写真©Pixta。)

READ  政府の小切手での違法な残業は、日本企業の37%に発生します