12月 6, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フロートバイクで前進する日本の野球監督

東京:彼の派手な衣装と驚異的なスタントは日本では注目を集めていますが、今では人生の野球監督よりも大きくなっている新三宗義は、ホバーバイクでフィールドに入ると演劇の関心を高めています。

ビッグボスと名乗る50歳の安倍晋三は、火曜日(3月29日)、北海道日本ハムファイターズの最初のホームゲームで将来の黒い車に登場したとき、観客を驚かせました。

彼は1分後に着陸する直前に札幌ドミルの地面の頂上に登り、その後ヘルメットと赤いジャケットを脱いだ。

メジャーリーグでプレーした元選手のシンゾウは、トレーニング経験がないにもかかわらず、新シーズンに先駆けてファイターズマネージャーに任命された。

彼のカリスマ的な性格と壮大なスタントは、3度の日本のチャンピオンに大きな注目を集めており、彼の最近の行動は別のものを引き起こしました。

ツイッターのユーザーは、東京オリンピックの開会式でビッグボスのショーがあったら、それは大成功だっただろうと書いた。

野球関係者にビッグボスとして正式に名前を登録した安倍晋三は、先週末のチーム開幕戦に出場したとき、点滅するライトで覆われた箱から出てきた。

光沢のある白い歯と染めた髪で、彼は野球監督というよりもテレビの個性のように見えます。

彼は最初の記者会見で大きなシャツの襟を着て、高価なスポーツカーでクラブのイベントに来ました。

彼のチームはフィールドであまり良くありませんでした、しかし、シーズンの最初の4つのゲームを失いました。

「最も眩しいショーの準備をする代わりに、野球の試合に勝つ方法を考えることに時間を費やさなければ、あなたは深淵に引きずり込まれるだろう」とツイッターユーザーは火曜日の試合の後に書いた。

「十分なショー-結果を得る」と別の人が書いた。

日本は2006年と2016年にシリーズで優勝し、ロサンゼルスの大谷翔平のようなスターを生み出し、ファイターズを近年日本で最も成功したクラブの1つにしています。

シンゾウは、ニューヨークメッツとサンフランシスコジャイアンツでMLBに参加した後、2004年から2006年までファイターズでプレーしました。

READ  日本では、ノベルティとは季節を指します