5月 19, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フリントシャーのモスティン卿は日本の観光のためにすべてを宣伝しています

日本語を話す領主が、日出ずる国から北ウェールズに観光客を引き付ける魅力的な攻撃を行っています。

裕福な日本人訪問者のためのオーダーメイド旅行のハイライトの1つは、フリントシャーのモスティンホールの母国語での歴史的な15世紀のモスティン卿ガイド付きツアーでした。

6,000エーカーの庭園には、ランディドノーの海辺のリゾートもあります。このリゾートは、北ウェールズ観光局が特に日本市場を念頭に置いて設計した、不思議の国の城の道ツアーの一部でもあります。

グレゴリー・モスティン卿、第7男爵モスティンはすでに日本で有名です。

彼女の家族と東アジアの国との緊密な関係は20世紀初頭にさかのぼり、モスティン男爵2世の法の娘であるオーガスタモスティン夫人はすべての日本情勢に触発されました。

続きを読む: 日本の転校生がフリントシャーに歓迎されました

オーガスタ夫人は、年を取りすぎて一人で行けないことに気づき、息子のレベリン、3番目の男爵、そして彼の妻と子供たちが日本を大旅行することを提案しました。

しかし、グレゴリー・モスティンが大学在学中に日本人女性と付き合い始めた頃には、家族史のこの部分は長い間忘れられていました。

偶然にも、関係は長くは続かなかったが、彼の日本との恋愛は何年にもわたって成長した。

その後、2015年に、モスティンホールのスタッフの1人が、1908年の航海でリストされた写真とストーリーのユニークな家族アルバムを発見しました。

これにより、彼は現在のロードモストの元の到着を再現し、1世紀後に同じホテルに滞在した彼自身の更新されたアルバムのために彼の先祖が撮影したすべての写真の新しい版を撮るようになりました。

それ以来、彼は日本のテレビに数回出演し、彼の先祖の足跡をたどる信じられないほどの物語についての特集を含めて、人気のあるTVSチャンネルで1400万人の視聴者に視聴されました。

PIC:1908年に撮影されたアルバムのページ。

彼は現在、ノースウェールズツーリズムに参加して、より多くの日本人観光客をノースウェールズに引き付けることに熱心に取り組んでいます。

ウェールズ政府観光局VisitWalesが資金提供する多言語運動の目的の1つは、外国人旅行者がウェールズの歓迎と情報を母国語で確実に受け取れるようにすることです。

ドイツ、スペイン、フランスなどのヨーロッパ諸国も、中国やインドからの訪問者をターゲットにしています。

キャンペーンの一環として、ノースウェールズツーリズムは日本との既存の関係を構築する予定です。 2019年にコンビ宮殿とヒマジ宮殿が2倍になります。

続きを読む: レクサムの歌手に会い、日本でより多くのノートを打つ

日本人観光客向けのツアーには、フォーサイスアキュテクト、コンウェイとカーナーフォンのノーマン城などのユネスコ世界遺産、ウェールズ北西部の新しく戴冠したスレートの風景が含まれます。

モスティン卿は、「日本人観光客がやってくるのはとてもユニークだと思います。そこに住む人が歴史的な家に行くためのツアーをしてくれますが、彼らは日本語などでツアーをします。

「私はウェールズと日本が大好きです。私の夢は、両国を近づけることです。

「北ウェールズ観光局の相互利益の可能性を見て、彼らの公式大使の一人として日本とのこれらのつながりを確立することを嬉しく思います。 それは大きな名誉です。」

会長:

写真:モスティン卿、グレゴリー・モスティンとNWT CEOのジム・ジョーンズ、エミゴ・カーニーがモスティンホールで。

ノースウェールズツーリズムの最高経営責任者であるジムジョーンズは、次のように述べています。

「日本やアジアの他の地域の人々が休暇で英国に来ることを想像しているので、その市場の一部を獲得する必要があります。」

エミコ・カーニーは日本の横浜出身で、現在はベトウス・ア・コエドに住んでいます。

北ウェールズの観光大使でもあるエミゴ氏は、次のように述べています。

「北ウェールズには訪問者に提供するすべてのものがあり、モスティン卿と日本の間のつながりは観光産業への絶対的な贈り物です。」

READ  国土省は何年にもわたって建設注文に関するデータを誇張しており、日本のGDPを押し上げています