12月 1, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フランス人オリヴィエは船長に戻ったが、日本に焦点を合わせた

ポストする:

東京(AFP)- フランスのキャプテン、チャールズ・オリーブは水曜日に、今週末の日本との最初のテストに集中しており、キャプテンとして復帰しないと語った。

29歳のオリヴォネは、ドロンフランカーの膝の怪我の後、2021年6月にフランスのキャプテンであるアンソニージェロンチとスクラムハーフのアントワーヌデュポンに代わった。

今年6回の全国グランドスラムタイトルを獲得したレブルースは、7月9日に東京に向かう前に、土曜日にトヨタで世界ナンバー10のブレイブブロッサムと対戦します。

「ここにいることは誇りの素晴らしい瞬間であり、その瞬間をパートナーと共有している」とオリボンはAFPに語った。

「しかし、主なことは週末です。全員が同じページにいて、私たちは皆一緒にうまく働き、一緒にいることを楽しんでいます」と彼は付け加えました。

今年のワールドプレーヤーオブザイヤーのデュポンとフランカージェロンチは、ヘッドコーチのファビアンカルティの下で引退する第一候補のプレーヤーの1人です。

ガルシーのツアーには17人の無関係なメンバーがいますが、オリヴォンはハーフパックのマキシム・ルクとマチュー・ジャリベール、そしてヴィリミ・ヴァカタワとダミアン・プノーを中心に相談することができます。

「ここにはまだ経験豊富な選手がいます」とオリヴォネは言いました。

「誰もが自分のビジョンを考え出している。それは良いことだ」と彼は付け加えた。

2019年ラグビーワールドカップで3試合を開催した中心街の気温は、今週末、湿度72%で摂氏35度に達します。

「トレーニングフィールドで選手たちと話していた。晴れていて、ピッチがきれいで、プレーしたくなる」とオリヴォネは語った。

「しかし、私たちはたくさん汗を流しました。基本に戻って始めて、少し遊びを開くことができるかどうかを確認します」と彼は付け加えました。

READ  ワンピースをテーマにした常設ジムが日本にオープンし、海賊トレーナーを採用