5月 23, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フランス人ウィレムスは膝の怪我のために日本を旅行した疑いがある

ポストする: かわった:

モンペリエ(フランス)(AFP)- 2列目のポール・ウィレムスは、火曜日に彼のクラブのモンペリエが膝の怪我で2か月間外出すると発表した後、7月にフランスが日本を訪れたことに疑いを持っています。

ウィリアムズ(29歳)は土曜日のリヨンへの最初の14敗で負傷し、今週末のラロシェルでのヨーロッパチャンピオンズトロフィー準々決勝を含むリーグリーダーの国内キャンペーンの残りを欠場します。

グランドスラムで6回優勝したフランスは、フランスのトップ14決勝から1週間後の7月2日に、一でブレイブブロッサムと対戦します。

2回目と最後のテストは7月9日に東京で行われます。

「彼は膝の外側靭帯断裂に苦しんでいます」とモンペリエは言いました。

「その時、彼が8週間利用できなかったことが私たちの気づきになりました。

「彼は医療サービスでシーズンを終え、自宅でチームメイトをサポートするためにチームと一緒にいる」と彼らは付け加えた。

南アフリカのラグビーワールドカップの優勝者であるコバーン・ライナッハが先週スクラムハーフの肩の手術を受けた後、モンペリエはすでに活動を停止しています。

フランスラグビー連盟は、上位14名のファイナリストが日本に旅行するかどうかをまだ発表していません。

昨シーズン、リーグ準決勝進出者は、Covit-19隔離ルールのため、オーストラリアでのレブルースの3つのテストに参加できませんでした。

READ  参照:Contrailは息を呑むようなジャパンカップの勝利でレースのキャリアを終えます| 競馬ニュース