8月 17, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フランスは最初のラグビーユニオンテストで日本を42-23で破った

公開日: かわった:

豊田市(日本)(AFP)– シックスネイションズチャンピオンのフランスは、トヨタスタジアムでの最初のテストで、後半に日本を42-23で上回りました。

フランスは前半、気温が33度、湿度が55%に上昇し、日本に対抗するのに苦労しました。

マティス・レーベルは休憩の直後にトライを記録し、ダミアン・ベノー、ヨラム・モファナ、ピエール・ブルガリットがフランスに勝利を収めました。

フライハーフのマチュー・ジャリベールがウィング・ベノーにコーナーを狙ったとき、フランス人は3分に得点を挙げた。

しかし、日本は、テビタ・タタフがホームサイドからのポスト間の流れる攻撃の試みを終える前に、チョンシン・リーのペナルティを通じて来年のワールドカップ開催国に対してリードを奪うために反撃した。

日本のリーからの2つのメルヴィンジャミネのペナルティは、ハーフタイムが近づくにつれてスコアを平準化し、フランスはその間隔で介入する絶好の機会を逃しました。

ジャミネは、フルバックがパスに触れるためだけに、トライラインがはっきり見えるように中央のモファナを大きくスロットアウトする準備をしました。

後半は来場者がリードを奪った。 ジャリベールは肩にドロップして日本センターのディラン・ライリーを連れ出し、ギャップを通過してルベルを解放してスコアを獲得した。

Maxime Lucuは、レビューの後でクリアするための努力のためだけに、彼がさらに数分後につかんだと思った。

しかし、ブノワは58分に2点目を決め、日本の守備を破り、ビジターのリードを広げた。

モファナはチップを追加して3分後にウィングを追いかけた後、ボルジェレットはフランスのフォワードの実行に続いてガタガタと音を立てた。

Chiosia Fifidaは、土壇場で日本に慰めの試みをしました。

READ  日本南西部の九州広島日本京都大雨は東京で洪水と地滑りを引き起こします