1月 29, 2023

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィンエアーがアジア進出で日本に再進出

フィンエアーがアジア進出で日本に再進出

フィンエアーは、旅行需要が伸び続ける中、日本の大阪へのフライトを再開することで、2023 年にアジアへの復帰をリードしています。

北欧の航空会社は、日本のネットワークを再構築するため、2023 年 3 月 26 日にヘルシンキから港湾都市大阪への人気ルートを再開する予定です。

顧客は、航空会社の最新鋭の A350 航空機が運航する 2 つの都市間の週 3 便を選択できます。

ヘルシンキ – 大阪間のフライトは、水曜日、金曜日、日曜日に再び運航され、大阪 – ヘルシンキ便は月曜日、木曜日、土曜日に日本から出発します。

大阪へのフライトを検討している方は、ロンドンからの往復便をエコノミー クラスで 971 ポンド (すべての税金と手数料込み) から見つけることができます。

フィンエアーは、これまでの毎日の東京羽田便に加えて、来年の夏には東京成田線を週 4 便運航し、現在の冬季運航を延長します。

3月27日より、ヘルシンキ発東京成田線は月・火・木・土曜、東京成田-ヘルシンキ線は火・水・金・日曜に運航する。

アジア全体で、フィンエアーは香港とデリーへのフライトを追加します。どちらの人気ルートも 2023 年夏に毎日運航されます。

フィンエアーのチーフ コマーシャル オフィサーであるオレ オーバーは、次のように述べています。: 「ヨーロッパとアジアの主要な目的地間の旅行需要の高まりに対応できることを嬉しく思います。

「2023 年夏までに、フィンランドと日本の間で週 14 便、デリーと香港との間で毎日 14 便を運航する予定です。

「広々とした新しい施設を備えたヘルシンキ空港は、フィンランドやヨーロッパの多くの目的地を訪れるお客様に素晴らしい体験を提供します。」

サービスは、英国のトップ空港、ロンドン ヒースロー、マンチェスター、エジンバラ、アイルランドの首都ダブリンから簡単に接続できるように特別に調整されています。

すべてのフライトが同じターミナルから運航されているおかげで、フィンエアーは 35 分以内でフライト間のスムーズで簡単な乗り継ぎを提供します。

フィンエアーのヘルシンキと日本間のフライトは、フィンエアーの長年のパートナーである日本航空およびブリティッシュ エアウェイズとのコードシェア便で運航されており、ヨーロッパと日本の間を旅行するお客様により多くの選択肢と柔軟性を提供しています。

すべてのフライトは、Finnair.com または旅行代理店を通じて予約できます。 詳細については、finnair.com をご覧ください。

READ  旅行ニュース:日本、オーストラリア、アルゼンチンが再開の計画を明らかに