9月 29, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィリピンのPLDTタワーは資産のオークションで10億ドルを受け取ります

マニラ(ロイター)-フィリピンPLDT Incは、貯蓄と債務の削減を目的として、6社の外国企業から最大10億ドル相当の数千の通信塔を購入する提案を受けたと当局者は語った。

PLDTは、運用コストの削減とブロードバンドおよびモバイルインターネットビジネスの成長に重点を置いて、昨年11,000を超える通信塔の半分を販売しました。

PLDTのCEO、アルフレド・パンリリオは記者会見で、グローバルタワーの運営に関与する6人のファイナリスト入札者が数日前に最終入札を提出したと語ったが、彼は彼らを特定することを拒否した。

PLDTの一部は日本のNTTDoCoMoIncと香港のFirstPacific Co Ltdが所有しており、第2四半期に2社に6,000のタワーを販売し、残りを保有しているとPanlilio氏は述べています。

資産を売却する圧力はないが、新しい資本は、負債の削減や利息の支払いの削減など、会社の財務目標を達成するのに役立つと、PLDTのマヌエル・バングリニン会長は述べた。

2021年末に総額50億ドルの負債を抱えていたPLDTは、スイスの銀行UBSの支援を受けて、8億ドルから10億ドルの売り上げに入札する予定でした。

国内の3大電気通信会社の1つであるPLDTの関係者は、タワーの販売がサービスに影響を与えないことを顧客に保証しました。

7,600以上の島々と1億1,000万人以上の人口を抱えるフィリピンは、モバイルインターネットとソーシャルメディアの世界最大のユーザーの1つですが、近年、タワーの不足がサービス品質に影響を与えています。

(Neil Jerome Moralesによる報告、Kanupriya Kapoorによる編集)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  日本:企業および税の四半期ごとの更新