12月 4, 2021

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィギュアスケート| 三浦佳生と島田真央がパワフルなパフォーマンスで日本ジュニアタイトルを獲得

名古屋போரா 11月20日(土)のショートプランで戦い、ジュニア選手権で日本を17ポイント以上リードした三浦佳生は、「無料でやります。 [skate]。 本当に勝ちます! 」

16歳のクワッドジャンプのセンセーションは、2つのクリーンなクワッドと5つのトリプルを含む信じられないほどのフリースケートで日曜日にタイトルを獲得するために戻ってきました。

三浦の勝ち合計は229.28ポイントで、狭い計画で首位に立っていたスポイ達也(227.60)に2ポイント足らず下がった。 吉岡希は191.80で3位に終わった。

若いプノンマオ島田は、女子大会のジャンプ展で優勝し、短いショーの後、スリル満点のフリースケートで4位になりました。 昨シーズン3位だった13歳は188.51ポイントで勝った。

短いショーの後、リーダーの住吉りをんは180.25で2位に終わり、モンシバは175.41で3位に終わった。

三浦は美しいトリプルアクスルで始まり、強いクワッドサルコと大きなクワッドツーループ/トリプルツーループの組み合わせが続きました。 ビセンテ・アミーゴが曲を選んでショーを終えると、日本圭司アリーナの観客から長い歓迎を受けました。

三浦はショーの後半にクワッドドゥループに陥り、2つのスパイラルとステップシーケンスでレベル3を獲得しましたが、彼のジャンプの腕前は彼をステージのトップに導くのに十分でした。

三浦のフリースケーティングスコアはタイタニック165.28で、その番号をビデオボードに投稿すると、彼女は突然涙を流しました。

「」[After the short program] 一年もうまくいかないのではないかと心配です」と三浦氏。 「でも、無料でもっと上手くやれると安心し、安心しました。」

ムーラは8位でした 先週のNHK杯、彼は「世界ジュニア選手権と日本選手権の決勝戦に出場したい」と語った。 [free skate]。」

2018年ジュニアチャンピオンのスボイは、震えるクワッドサルチョからスタートしましたが、ラシュマニノフの「プレリュードNo.10」のフリースケートで7つのクリーントリプルを打ちました。 しかし、愛知県岡崎市出身の18歳は、スピンとステップのシーケンスで2ポイントを獲得した。

「大腿四頭筋を離れたときは少しがっかりしましたが、それ以外は自分がトレーニングしていることを示すことができて良かったです」とSuboyはコメントしました。 「日本選手権では、クアッドサルチョをショートプランに含める予定です。それが世界ジュニアになることを願っています。

大阪出身の吉岡さん(17)は、初めてステージに上がることができて嬉しかった。

「実際に一生懸命頑張ってよかった」と吉岡は語った。 「クワッドツーループ/トリプルツーループのコンビネーションはあまり良くなく、4ターンになると危険だったので、スピリットのあるセカンドトリプルを手に入れました。」

タゴール・カトワは188.37ポイントで4位に終わった。

島田は女の子のフリースケートで輝いています

島田はフリースケートを5つのタブで「クイーンズギャンビット」に開き、すべてを効率的に着陸させました。 彼は素晴らしいクワッドドゥループから始め、次にトリプルラッツ/トリプルドゥループコンボをヒットし、次にトリプルフリップとトリプルループをヒットしました。

島田はスピンでレベル4を獲得し、ステップオーダーで3位に終わった。

「チャンピオンシップに勝てるとは思わなかったのでよかった」と島田は語った。 「PCS(プログラムコンポーネントスコア)を改善するために、表現とスケートを改善したいと思います。 来年は最初の2つのクワッドdoループを配置したいと思います。

住吉はショーの最初と最後で苦労した。 18歳の子供は、トリプルフリップ/トリプルドゥループコンボから始めましたが、その後、トリプルルートに2フィート落ちました。 終わり近くに、彼は計画されたトリプルサルコ/ダブルツーループコンボの前面を2倍にしました。

「自分が何のためにトレーニングしているかを証明できなかったことに失望しましたが、自分がしていることに満足していました。 [in] ループとステップの最大数に達してそれらを評価したので、私は2位になりました」と住吉はコメントしました。 「攻撃しようと思っていたのですが、体が縮んで、実際のようにジャンプできませんでした。」

シバは「バタフライラバーズコンチェルト」のフリースケートに大喜びした。 仙台出身の16歳の少年は、アジャイルパフォーマンスで5つのクリーントリプルをヒットし、レベル4を獲得しました。

「何か間違ったことをしたかどうかはまだわからない」とジバは言った。 「すべてのタブが足りないからだと思います。成功するかどうかはわかりませんが、大きな間違いをしなかったのはうれしいです。

昨年2位だった吉田花は172.55ポイントで4位に終わった。

著者:ジャックギャラガー

著者はシニアスポーツジャーナリストであり、世界をリードするフィギュアスケートの専門家の一人です。 ジャックが書いた記事やポッドキャストを著者ページで見つけてください。 ここ、そしてツイッターで彼を見つけてください portssportsjapan

READ  日本は、ワクチン接種を受けた乗客の隔離を放棄することに率先して取り組んでいます