1月 26, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィギュアスケート:日本が国境を越えた後のグランプリファイナルへの疑念



ファイル画像:フィギュアアイススケート-フィギュアスケート決勝のISUグランプリ-ガラ展-名古屋、日本-2017年12月10日-ロシアのアレクサンドラトゥルソワが演奏。 ロイター/加藤一世

東京(ロイター)-日本が国境を閉鎖したため、大阪イベントの9日前のフィギュアスケートグランプリファイナルは疑わしかったhttps://www.reuters.com/world/asia-pacific/japan-pm-kishida-新しいコロナウイルスは言うomicron多様性への懸念については、火曜日のすべての外国人-外国人-外国人-訪問者-禁止-入国-11月30-2021-11-29。

国際スケート連盟のグランプリファイナルは、2月4日から20日にかけて北京オリンピックが開催される冬季オリンピックへの道のりの大きな一歩と見なされています。

日本スケート連盟の関係者はロイター通信に対し、「スポーツエージェンシーの指示に従うが、まだ新しいことは聞いていない」と述べ、外国人スケーターの入国を許可するかどうかを尋ねた。

スポーツ会社は、12月9日から12日まで開催されるトーナメントに外国人が参加するための規則がどうなるかは明確ではないと述べた。 関係省庁とはまだ協議中だという。

男子シングルスチームには、日本の鍵山優真と宇野昌磨、米国のネイサン・チェン、ヴィンセント・チョー、ジェイソン・ブラウン、ロシアのマイケル・ゴリアテが含まれます。

女子シングルスでは、日本の坂本浩織と15歳のカミラ・バリバを含む5人のロシア人アスリートが出場します。

コロナウイルス感染のルネッサンスと戦っている他の国とは異なり、日本では毎日の症例数が大幅に減少しており、月曜日に全国で報告されたのはわずか76人です。

岸田文雄首相が月曜日に突然逆さまになる前に、それは先週いくつかの国境制限を緩和した。

日本は火曜日に、ナミビアの男性におけるオミグラン変異体の最初の症例を確認しました。

(Chang-Ron Kimによる報告、Peter Rutherfordによる編集)

(C)特許トムソンロイター2021。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

ロイター
日本
アメリカ
オリンピック
アジア
ロシア
ヨーロッパ
私たちに

READ  日本のアイオンは手頃な価格に特化するために100円のチェーンを購入します