2月 29, 2024

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

フィオナ・オキーフがオーランドでのオリンピックマラソントライアルの米国記録をデビュー戦で破った

フィオナ・オキーフがオーランドでのオリンピックマラソントライアルの米国記録をデビュー戦で破った

マイク・アーマン/ゲッティイメージズ

オキーフは、米国オリンピックマラソン代表選考会でのデビュー戦で優勝した。



CNN

フィオナ・オキーフが素晴らしい演技を見せた 米国オリンピックマラソン代表選考 土曜日のオーランドでは、これまでの記録を3分以上破りました。

42.2マイルの距離を走る初めてのレースで、オキーフは今年のレースへの出場権を獲得した。 パリオリンピック 彼女は2時間22分10秒でゴールし、シャラン・フラナガンが2012年に樹立した記録2時間25分38秒を上回った。

米国女子マラソン記録保持者のエミリー・シソンとダコタ・リンドルムがそれぞれ2位と3位となり、パリでの米国女子チームを締めくくった。

男子レースでは、コナー・マンツが2時間9分05秒で最初にゴールし、友人でトレーニングパートナーでもあるクレイトン・ヤングを1秒上回った。

3位のレナード・カリアーは、2時間09分57秒というタイムが米国チームにもう1つ枠を広げるために必要なタイムを超えていたため、マンツとヤングとともに出場権を得られるかどうかを見極めるまで待たなければならないだろう。

新しい予選システムにより、クーリエが3位フィニッシュを獲得するには、マンツとヤング以外のアメリカ人選手が5月末までの予選レースでオリンピック出場資格タイム2時間8分10秒以内で走る必要があることになる。 チーム。

オーランドの暖かい日、オキーフは間違いなくショーのスターでした。 25歳の彼女は女子トライアルの史上最年少優勝者となり、マラソンデビュー戦でこの種目で優勝した初の女性となった。

彼女は18マイル地点を過ぎたところで質の高い馬場を引き離し、3年前の東京1万メートルに続いて2度目のオリンピック出場となるシソンに32秒遅れでゴールした。

「とても興奮していますが、確かに多少の緊張もあります」とオキーフは最終ラップでの心境を記者団に語った。

「人々が『パリに行くんだ、パリに行くんだ』と言うのを聞き始めました。でも、私の後ろには強い女性がたくさんいることがわかっていて、少し怖くて走っていました。

競争の激しい女子フィールドでは、チームに入る有力な候補者が常に敗退することを意味していました。 40歳で初めてのオリンピック出場を目指していたサラ・ホールは5位に終わり、元アメリカ記録保持者のキラ・ダマトは20マイルで棄権した。

リンドルムは36位に終わったy 最近のタイムトライアルでは、彼女は土曜のレース終盤に4位のジェシカ・マクリーンに15秒差の2時間25分31秒という好成績を残した。

マンツとヤングは男子イベントに臨む予選で2度の最速フィニッシュを果たし、残り3マイルでザック・バニングを引き離し、ほぼ並んでゴールラインを通過してパリでの出場権を獲得した。

コリールも残り約1マイルでパニングをパスし、終盤のリードでエルカナ・キベットを抑えて3位となった。

READ  ブロンコのラッセル・ウィルソン - リストバンドなしでシアトルで大勝利