12月 8, 2022

FUTSALNET

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ファンコがモンドを買収-バラエティ

ファンコ お気に入りのポップカルチャーブランドが登場 モンド 彼らのミックスで。

インディーズシアターチェーンとの契約の下で アラモドラフトハウス、Funkoは、レコード、サウンドトラック、ポスター、おもちゃ、衣類、本、おもちゃ、その他の収集品を作成および販売するMondoを買収しました。 約30人のモンドの従業員がFunkoに参加しています。

契約の金銭的条件は明らかにされていませんが、それは明らかに巨大ではありません。 ファンコは、モンドの買収が2022年の業績に重大な影響を与えるとは予想していないと述べています。

テキサス州オースティンに本社を置くモンドは、2001年にロブジョーンズとティムリーグによって設立され、以前はアラモドラフトハウスの子会社でした。 モンドは、有名なアーティストとのコラボレーションを通じてアートを音楽や映画に戻すことに焦点を当てた、限定版のビニールとスクリーン印刷のポスターで最もよく知られています。

Mondoの比較的ニッチな製品は、Funkoのビニールフィギュア、アクショントイ、およびDisney、Marvel、Lucasfilm、WarnerBrosなどの企業とのライセンス契約に基づいて製造するその他の製品を補完します。 NBCUniversal、Netflix、Epic Games、Blizzard Entertainment、NFL、NBA。

FunkoのCEOであるAndrewPerlmutterは次のように述べています。 多様 モンドの契約は、メモリアルデーの翌週に成立しました。

「モンドの熱心なファンベースとハイエンドのポップカルチャーグッズは、ファンコの既存のブランドポートフォリオを完璧に補完します」と彼は言いました。 「当社の国際的な流通およびライセンスネットワークを活用することにより、モンドブランドの成長を加速するのに十分な位置にいると感じています。」

Mondoの最近のリリースと今後のリリースには、「Rick and Morty」デラックスキャラクターセット($ 150)、ハンスジマーのビニールサウンドトラック「Dune」($ 40)、「Wizard of Oz」トリプルサウンドトラック($ 80)、「Hulk」:グランドポスター「デザイン」($ 60)とサウンドトラックデュエットLP「ファイトクラブ」(ザダストブラザーズ)($ 35、売り切れ)。

ファンコが先月新しい株主グループを選んだ後、この取引は成立します。ピーター・チャーニン・グループは、元ディズニーCEOのボブ・アイガーを含む投資家のコンソーシアムを率いました。 彼はFunkoの25%の株式を取得するために2億6300万ドルを支払いました

AlamoDrafthouseの創設者兼CEOであるTimLeggeは、声明の中で次のように述べています。 、チームを育成し、到着を強化して彼に会いましょう。ファンコはまさにそのユニコーンです。」 「ムンドを素晴らしいものにしたチームは、一緒にいてファンコに移ることです。彼らは同じ創造的なビジョンを持って仕事を続けます。」

モンドは、「私たちはまだロビーで始めたのと同じ会社です…私たちのビジョンをサポートするためのより多くのリソースを持っているだけです。次のことをお見せするのが待ちきれません。」とコメントしました。

ファンコは、2017年に買収したアパレルおよびアクセサリーブランドであるLoungeflyと同じようにモンドを運営する予定です。理にかなっています。」

READ  受賞歴のある歴史小説作家のヒラリー・マンテル氏が70歳で死去